苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

「LEADERSリーダーズ」視聴所感

22日(土)、23日(日)の二夜連続で放送された長編ドラマ

「LEADERSリーダーズ」の録画を視終えました。

トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎を主人公にした、トヨタ創業期の物語。



世界一となった現在のトヨタから感じられるイメージからすると、

随分かけ離れたものを感じました。

今のトヨタ社員たちは、どう感じたことでしょうか?



戦後に経営危機があったこと、

その際、旧住友銀行が一切融資に応じず、その後トヨタと住友が絶縁したこと、

などは割と有名な話で、上っ面の知識としては僕も知ってました。

今回のドラマでは、そのくだりが半分近くの時間を占めて描かれており、

迫りくる倒産危機に視ていて息苦しくなるほどでした。



実は一番興味ある視点は、

創業者の孫にあたる現社長の豊田章男氏が、このドラマを視て、

何を思い、何を感じ、何を決意したのか?ということ。



我が社のクライアントの大半も事業を受け継ぐ後継者です。

自身の使命を、受け継いだ事業を守ること、守り切って次代に引き継ぐこと、

と規定してしまうと、とても苦しいのではないかと思います。



事業を守るためには、企業は生き残らないといけません。

生き残りは、創業企業にも老舗企業にも等しく与えられた命題です。

生き残り、という概念もまた息苦しさを感じます。

やはり、企業家は「成長」を志向することがよろしいのだと思います。



拡大ではなく成長。

「拡大」志向には危うさがつきまといます。

「成長」という概念には明るさ、喜び、前向き、そんなイメージがあります。

「生き残り」では苦しさ、悲愴、つましさ、暗さ、が先立ちます。



「成長」を志向して、従業員に「夢」を語り、経営と現場が一体となっていけば、

生き残ることはそんなに難しいことではないはずです。

どうか「成長」を志向してください。
スポンサーサイト

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタが国内生産能力を縮小/

トヨタが国内生産能力を350万台体制に縮小、のニュースが先日ありましたね…

田原工場の3ラインのうちの一本を閉鎖した、とのこと。ちなみに、2010年春には390万台体制だったとのこと。

そもそも、リーマンショック後、豊田社長は一貫して「国内生産300万台死守」を宣言してきています。

その点から考えれば生産能力が縮小されたと言っても、300万台を大きく上回る「350万台体制」ならば、特に騒ぎ立てることもないような気もします。

それに、豊田社長はの「国内生産300万台死守」は、「それ以上は国内では作りません」という宣言であると、僕には聞こえます。

だから、この先、「生産能力300万台」体制に段階的に縮小されていくのだろうと思います。

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタは'20年ビジョンで基本理念を改訂するか?

おはようございます。ド快晴です(^^)

きたる3月9日、トヨタ自動車は『2020年グローバルビジョン』を発表します。ボクの関心事はズバリ、1997年に改訂された『トヨタ基本理念』を今回、改訂するのか否か。

今朝はこの件で。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタ文化用語2『現地現物・三現主義』/

“カンバン”、“アンドン”と言ったトヨタ生産方式用語とは別に、トヨタの企業文化・精神を表した重要用語がいくつかあります。
その中には、製造業全般に拡がったもの、業種の枠を超えて普及していったもの、さまざまあります。

そうしたトヨタ文化を支える重要用語を、かみ砕いて紹介するシリーズ第2弾!今回は、『現地現物(または三現主義)』についてです。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタ文化用語1 『後工程はお客様』/

おはようございます。

カンバン、アンドンと言ったトヨタ生産方式用語とは別に、トヨタの企業文化・精神を表した重要用語がいくつかあります。その中には、製造業全般に拡がったもの、業種の枠を超えて普及していったもの、さまざまあります。そうしたトヨタ文化を支える重要用語の一つに、『後工程はお客様』、というのがあります。

今朝はこれについて、ありきたりな品質管理面からの説明ではない、経営者目線での解釈を披露させてもらいます。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見える化③ ~その目的~ 

おはようございます。今朝は雲一つない晴天です。
カレンダーは明日から3連休。火・水を挟んで木曜がまた祝日。シルバーウィークというやつですね。
トヨタとそのサプライチェーンには関係のない話で、よってボクにも関係ありません。

さて、今日はシリーズ「見える化」の3回目、その目的について、一応押さえておこうと思います。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜを5回・なぜなぜ分析

おはようございます。
今朝は短時間ながら雨音で目が覚めるほど豪雨でした。
今日、明日は湿りがちな天気のようです。雨が有難いこの残暑ですね。


さて、
今やトヨタ式・トヨタ流の「なぜを5回繰り返す」「なぜなぜ分析」はたいへん有名になりました。
今朝はこれについてふれてみたいと思います。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムリ・ムダ・ムラについて

昨日の(序)に続き、間延びしないうちに、『ムリ・ムダ・ムラについて』を仕上げちゃおうと思います。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムリ・ムダ・ムラについて(序)

今朝の日経一面左上(特集コラムのスペース)の記事から、
『ムリ・ムダ・ムラ削減に商機』という大見出しが目に飛び込んできました。
ムリ・ムダ・ムラは、今や一般ビジネス用語、一般業務用語の感がありますが、
元々はトヨタ用語、トヨタ生産方式用語かと思います。

今日は、この見出しに触発され『ムリ・ムダ・ムラ』について、いずれしっかり“本論”を書く前提で、序論的にふれてみます。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そもそも「問題」の定義が必要

日本語の特徴として、同じ言葉でも使う状況によって意味が異なります。
「問題」も同様です。こんなものにもWikiがあったので確認してみました。

さすがに確認するまでもなく、予めイメージできていた通りの説明でした。
①学校や試験といった文脈で使われる“解くべき”「問題」(例.試験問題)
②社会生活、企業活動といった場で使われる“解決すべき”「問題」
③また「課題」と言った言葉と同義で使われる場面もある
というような説明も。

しかし、上記のようなとらえ方では、
トヨタ式、トヨタ流の「問題」解決、すなわち改善・カイゼン、は始まりません。

≫ 続きを読む

| トヨタ式・トヨタ流 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。