苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのございさつ 2015年11月7日

拝啓 晩秋の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。



月はじめ、というにはあまりに遅くなってしまいました(^^ゞ

昨年、はじめて『正倉院展』に行ってきていて、とても興味深く、

「来年もまた行こう!」と思っていました。

が、残念ながら今年は行けそうにありません。

まだ9日(月)までやっていますが、断念・・・

でも、やはり「来年はまた行こう!」と。



『正倉院展』は奈良公園内の国立博物館で毎年この時季催されています。

東大寺‐正倉院には、

奈良時代、天平文化を彩った聖武天皇ゆかりの宝物が数百点と、

平安時代の東大寺で使われた仏具などがあわせて約9,000点、

今に至るまで厳重に保存、保管、管理されてきている、

らしいです。参照→宮内庁正倉院ホームページ

そのほんの一部(今年は63点)が「蔵出し」され、1,300年後の現代に生きる

我々の前に、ほんの束の間、お披露目されるという趣向の展示会です。



曜日や時間帯にもよるのでしょうが、基本的に大変混み合います。

人でごった返しており、ゆっくり静かに鑑賞というわけにはいきません。

それでも、

1,300年の時を越える疑似タイムスリップには独特の興奮を禁じ得ません。

奈良国立博物館のすぐ東は興福寺、北東すぐに東大寺、

少し離れますが南東には春日大社があり、『正倉院展』と合わせて、

1Km四方のエリア内だけで丸々一日遊べます。

『正倉院展』・・・歴史や古代に特別の興味や知識がなくても、

一度は行ってみる価値、十分ですよ~私も特別な知識はありませんし。



それではまた来月。  敬具


スポンサーサイト

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年10月5日

拝啓 秋たけなわの候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

8月後半から9月前半は、いくつかの台風接近なども含め、雨がちでした。

9月後半から、ようやく秋らしい「天高い」日が増えてきて、

気分も自ずと上昇傾向になりますが、いかがお過ごしでしょうか。



秋と言えば、個人的な趣味の事になり恐縮ですが、マラソンシーズンの入り口。

日々のジョグが、とても気持ちの良いルーチンとなってきました。

実は今シーズンから同級生を道ずれにする計画が進行中。

道ずれ、というよりは、むしろこっちが付き合ってあげる、という方が正しいかも。

彼は、3年くらい前から職場の駅伝大会に駆り出されるようになっていて、

前回の大会で初めて走者としてチームの襷を受け渡したらしく。

それ以来、スイッチが入ってきたとの事でした。

ただ走った距離は、2キロとか3キロとか、そんなもんだったようですが(笑)

仕事がとても忙しいようで、平日の帰宅は午前0時前後のため、

走るのは専ら週末だけとのこと。つまり、まだまだほんの初心者です。



で、その初心者の彼から、

「どこかの市民マラソンに一緒に出てくれないか?まずは、5キロ前後で」

と誘われた訳でした。

「いやいや、5キロって、日々のジョグですから~(苦笑)」と思いつつも、

友達の中からマラソン仲間ができる事は嬉しいかぎりなので、

二つ返事で「OK!」と。

その代わり「今シーズン中に10キロマラソンに出る事!」と交換条件を出しました。

ここが「道ずれ」ってことですね、はい(笑)

犬山マラソンあたりでダブルエントリーしよう!と計画してます。

彼は【10キロの部】で、小職は【ハーフの部】で。



『アラ50』の仲間に入ってきた我らバブル入社組の皆さま!

健康づくり、体力づくりを兼ねた趣味を、何か一つ持つと良いのでは?

走るのなんて、とんでもない!という貴兄へ一つ。

毎日のジョグの本当のメリットをお教えます。

それは「心の健康」です。

ランナー、ジョガー、から「走ると気持ちいいんだって」

なんて言いぐさを耳にした事はないですか?

それは、気分がリフレッシュでき、気持ちいい、ってことなんです。

日々、ストレス社会に生きる我々には、

気分や気持ちを一日一日しっかり断ち切る事が大事です。

昨日の嫌な気分を今日に引きずらない、これです。

その効果がまさに日々のジョグにはあるわけです。

そのメカニズムは、走っている20分とか30分とか、「無」になれるのです。

つまり、心の中に「無」の時間帯をつくり出す事によって、

気分や気持ちが上手く断ち切れるんです。

何か考え事をして走り出しても、気づくともう何も考えてなく、

「無」になってる自分に、ふと気づきます。

日々の5キロのジョグを終えた時、

やっぱりその30分近く、何も考えてなかった事にいつも気づきます。

で、そのたびごとに、清々しくなれるんです。



どうです?あなたも走りたくなってきたんでは?

それではまた来月。  敬具


| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年9月2日

拝啓 初秋の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。



先月のエントリーでも触れておりましたとおり、

弊社はマーケティングの大転換、刷新を図っています。

その結果として、

(定款でうたっている)事業目的、および商号(いわゆる社名)

を変更するに至りました。

事業目的の変更は、設立時に規定したものに対しいくつか「追加」しました。

商号の変更は、社名の一部(コンサルティング)を「削除」しました。

社名から“コンサルティング”は削除致しましたが、

経営コンサルティング事業は引き続き事業目的としてあり、

これからも取り組んで参ります。

ただし、自動車部品の中小製造業を顧客層としてきたマーケティングを

サービス業にシフトしていきます。

社名から“コンサルティング”を削除した背景には、

経営コンサルティングとは無縁な新規事業を立ち上げていくことがあります。

立ち上げは、今しばらく先の事ですので、またの報告に。

それではまた、10月のはじめに。   敬具


| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年8月1日

拝啓 炎暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。



6月頃、今年はエルニーニョ現象の影響で冷夏になるのでは、、、

との声もありましたが、

梅雨明けも標準的な20日頃でしたし、その後は暑い夏の気配です。



夏と言えば、高校野球の甲子園大会。

ここ刈谷市の県立刈谷高校はベスト8まで進出しましたが、

愛工大名電に敗れました。

また私の出身校である半田市の県立半田高校は、

ベスト16でやはり愛工大名電に敗れていました。

ともあれ、親しみを持つ両校の健闘はとても嬉しいものでした。

3年生の部員の皆さんには、上手に気持ちを切り替えて、

受験勉強に向かっていってほしいものです。



さて、弊社ではマーケティングの大転換を模索してきております。

この8月はその成果が現実のものとなり始める転機になりそうです。

それは、具体的な業態には触れませんが、サービス業へのコンサルティングです。

サービス業へのトヨタ流カイゼンの採りこみは、まだまだ限定的です。

今後は当分野での顧客拡大を展望しています。

逆に、従来の自動車部品製造業へのマーケティングは撤退の方向性です。

また新規事業進出も検討中です。

こちらはもう少し時間がかかりますが、年内には実現していくはずです。

弊社は吹けば飛ぶようなちっぽけな存在ですが、企業として生き残っていくため、

チャンスを捉えて果敢にチャレンジし続ける存在でありたいと思っています。



暑い日が続きます。くれぐれもご自愛くださいませ。 敬具


| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年7月1日

拝啓 盛夏の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

盛夏の候、とは申しましたが、梅雨真っ只中で、今日などは強い雨の予報・・・



さて、本日7月1日は、閏(うるう)年ならぬ「閏秒」の一日らしく、

普段の年に比べ、「一秒長い」一日になります。

具体的には、8時59分59秒と9時0分0秒の間に、

「8時59分60秒」、という一秒を挿入するということのようです(笑)

一分一秒を争う、などと言いますが、システム障害なども懸念されるようです。

幸いな事に、弊社は一分一秒を争う世界には生きておらず、

その程度にはノンビリさせていただけています(笑)



安保関連法案の行方、

安倍政権・自民党の傲慢や横暴が目に余る問題、

ギリシャの債務問題、

箱根山など火山活動の活発化

新国立競技場の建設費問題、

トヨタ初の外国人役員の麻薬輸入問題、

元少年Aの「絶歌」出版問題、

二人目出産で育休を取ると保育園に入る一人目が退園させられる問題、

新幹線火災死亡事故による新幹線セキュリティ問題(←昨日発生のホヤホヤ)

・・・

最近の耳目を集めているニュースです。

こう書き連ねて気づいた事は、ここ数年、何かと軋轢を生んでいる

中国、韓国、北朝鮮の近隣三カ国に関する強い話題が無いな・・・と。

まぁ、たまたま静寂が重なっただけで、そのうちまたガタガタし出すのでしょう(笑)



先日、グーグルニュース画面にて(今現在も掲載)、

「沈みゆくヤマダ電機、突然の大量店舗閉鎖の暴走?復活は恐らく難しいといえる理由」

という、いささか扇情的な記事見出しが目に留まり、読んでみました。

内容はそちらにゆずるとして、感じるのは、つくづくビジネスは動いている、

という事です。

言い換えれば、つくづく消費者の思考、志向、嗜好は動いている、

という事です。

その動きへの対応を遅らせてしまうと、

企業というものは途端に存亡の危機に晒される、ということですね。

そのリスクは、大きな企業ほど大きい、ということは言うまでもありません。

だから大企業の経営者は組織が大きくなることで、

現場の声の伝達スピードや意思決定スピードが遅くなることを恐れるものです。

その防止や予防を図って現場に頻繁に足を運び、鋭く観察し、よく対話する、

そういう文化が深く備わっている組織は、

市場の変化に乗り遅れることで企業存亡の危機に晒される確率も低いはずです。

いわんや、中小企業の経営者において、

現場の変化、市場の変化、を鋭く感じ取れなくてはすぐに倒産の憂き目でしょう。

そう言えば、中部地方では流通の名門だった「ユニー」ブランドも消え行きます。



今日は朝から大雨。意気消沈↓・・・せめて空元気で行きましょう!

敬具



| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年5月1日

拝啓 薫風の頃、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

自動車関連の製造業ではGW真っ只中かと存じます。

今年のGWは天気に恵まれそうで、景気にもよろしいことです。



休み気分も手伝い、今回は少し違ったテイストで。

俳優の今井雅之さん(54)が末期癌であることを告白した昨日の会見を、

今朝の情報番組で取り上げていました。

随分痩せており、文字通り、別人かと見紛うほどでした。

今井さんは、今日から始まる一ヶ月におよぶ舞台に上がるために、

最後まで稽古に打ち込んでいたようです。

ギリギリまで悩み、出した結論は、観てもらうには堪えない、

ということだったようです。

今井さんと言えば、陸上自衛隊出身という異色の経歴の持ち主で、

その舞台稽古は自衛隊の訓練さながらに厳しく激しいものだったようです。

今井さん自身、健康には自信があり、健診などは受けて来なかったらしいです。



小職は40歳から始めたランニングが8年目になります。

そのおかげか、一般的な健診項目では、すべて基準値内にあります。

肺癌‐胸部レントゲン検査、前立腺癌‐血液検査、大腸癌‐検便、胃癌‐バリウム検査も

毎年受けるようにはしています。幸いにも毎回、異常はありませんでした。

そうした事実もあってか、少し冷静になって自分と向き合ってみると、

「(そういうことが自分の身に起こるしても)まだ先のことだろう」という

意識的ではないながらも、逆に強固で勝手なイメージが、

自分の中で形成されていることを自覚します。



しかし人生何が起こるかは本当に分からないもの。

いつそういうことが起きたとしても、

それまでの日々の過ごし方について、

少しでも後悔を小さくできるよう一日一日を生きていきたいものだ、

と改めて思うところです。



それでは、今月もよろしくお願い致します。 敬具


| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年4月3日

拝啓 春たけなわのこの頃、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

この春は桜の開花が早く、すでにどこも満開ですね。

先月30日、岡崎公園近くに用があったので、車を停めたついでとばかり、

岡崎公園まで歩き、束の間、花見を楽しませてもらいました。

その日も暖かく、つごう30分程度の散歩でしたが、額がうっすら汗ばみました。

ともあれ、いよいよ春本番です。



さて、平成26年度が終わり、一昨日から平成27年度がスタートしたわけですが、

さっそく26年度の新車販売概況の速報値が発表されました。

前年度比マイナス6.9%。

増税後の丸々一年間なわけですから、

「前年度比減」という事実は妥当なもので、特段のインパクトは感じません。

仮に「前年度比増」であったなら、それは驚きのニュースとなるのでしょうが。

関連事実として注目すべき事実は全販売台数の数値や前年度比ではなく、

「全販売に占める軽の割合が史上初の4割越え(41.0%)」というものです。

ここ数年、4割近くを占めるようになってきていた事は周知でしたが、

厳密な年間統計値として40%を超えた事は、やはり一つの節目なのでしょう。



国内の新車販売市場は、台数の収縮とともに、

低燃費化、低維持費化、という市場ニーズが一層強まってきています。

またメーカーの開発競争という視点では安全性追求が先鋭化しています。

自動車は最大産業のためマクロ経済や景気全般に与える影響も最大で、

とかくその台数の長期的縮小にばかり焦点があてられます。

下請けの中小・中堅企業にとって、その意味での悲観論が展開されてしまいます。

業界全体としては確かにその通りなのですが、

個々の企業すべてが一様に縮小するわけではありません。

全体が萎んでいる中でも、成長している企業は現にあるわけです。

そうした企業の受注背景には、

全車種へ標準装備されていくような新機能サブシステムへの受注関与です。

自動車一台をいくつものサブシステムの集合体として観てみると、

この10年程度でもかなりダイナミックな変遷が浮かび上がってきます。

端的な例が「ハイブリッドシステム」です。

「ハイブリッドシステム」に一定の受注関与できている企業は、

その受注が一定の成長や、企業存続に貢献しているはずです。

他にも例を挙げれば、あまり目立ちませんが、「オートスライドドアシステム」。

ミニバンが増えてます。

スライドドア車が増えています。

かつては左側のみだったスライドドアが、当然のように右側もスライドドアです。

そして、両側オートスライドもかなり増えています。

こうしたヒットサブシステムの受注に、いかに喰い込んでいくかが課題となります。

ヒットするかどうかは運任せとしても、

新サブシステム受注には企業の知恵や営業努力で克服できる余地は、

少なくないはずです。

組織としての営業活動を、一度根底から見直してみると良いかと思います。



それでは今月もどうぞよろしくお願い致します。 敬具


| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年3月2日

拝啓 早春の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。



先月実施致しました、「トヨタの人づくり」についての人材育成セミナー。

ご受講いただきました企業様には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

おかげさまで好評をいただくことができました。

ご好評を受け、今月も開催する運びとなりました。

前回を踏まえ、いっそうの好評をいただけるよう改善を図っていきたいと思います。



手短ではありますが、これにて月はじめのごあいさつとさせていただきます。

今月も健康第一、安全第一で、よろしくお願い致します。

草々

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2015年2月2日

拝啓 余寒なお厳しき折、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

日頃は大変お世話になっております。

年末の11月、12月はもちろんのこと、この2月も、その月に入ると、

「早いもので今年も…」となりますが、いかがでしょうか?



さて、今月は

『中堅・中小企業が“トヨタの人づくり”を採り入れるには』

と題した人材育成セミナーを10日(火)に開催します。

お申込み頂きました企業様の期待にそえるよう、しっかり準備していく所存です。



先日の新聞報道に、

トヨタが工場での「チーフリーダー」、「グループリーダー」というカタカナ職位名を、

20年以上前に称していた「工長」、「組長」に来年から戻す検討をしていると。

これも人づくりの観点からの動きに他なりません。

記事でも、

「トヨタ幹部は『片仮名で分かりづらくなった序列を日本語ではっきりさせ、

後輩の面倒をしっかりみる上司になってほしい』と話している。」

と紹介していました。

ちなみに、

“片仮名で分かりづらくなった序列を日本語ではっきりさせ・・・”

と言うのは必ずしも的を射た理由でないように感じます。

「工長>組長」という序列が分かり易いとは決して思えません。

「工場長」が(とんでもなく)上位者であることは誰でも分かるでしょうが。

また「組長>若頭」は分かり易いでしょうが、これは世界が変わってしまいます(笑)



トヨタが20年以上前に、

工長や組長などのいかにも古臭い名称から、

グループリーダーなどカタカナに変更したことによって、

そうした職位名の変更がTier1、Tier2へとだんだん拡がっていきました。

それは折しも昭和が終わり平成の世に移り、世の中はバブル景気で採用難。

その上、製造業などは「3K(危険、汚い、きつい)職場」と言われ、

学生が敬遠する風潮が強まってきた頃でした。

そうした背景の中、

職位名のカタカナ化は採用難対策の意味が多分にあったと推察します。

また、「組長」という文字面や語感から連想されるのは反社会的勢力であり、

そういった良くないイメージとの縁切りも理由だったと思います。



来年以降、トヨタが工長、組長へと名称を戻したなら、

果たして、その動きはまたTier1、Tier2へと拡がっていくのでしょうか・・・

いいものを採り入れるのは推奨されるべきでしょう。

トヨタのような優秀な企業のマネジメントを採り入れることもまた同様でしょう。

ただ、その意味をよく理解し、うわべの形でなく本質や構造を見抜いた上で、

そのエッセンスを採り入れていくことが重要だと思います。

奇しくも、このたびの人材育成セミナーは、

『中堅・中小企業が“トヨタの人づくり”を採り入れるには』

と銘打っています。

“トヨタの人づくり”のうわべの形を採り入れるのではなく、

そのエッセンスを採り入れてもらうべく、

その本質や構造を明快にお伝えできるものと考えています。

万障繰り合わせの上、予定どおりのご参加をお待ち致しております。


敬具

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“トヨタの人づくり”をテーマに人材育成セミナーを開催します

2月10日(火)、刈谷市産業振興センターにて、

『中小・中堅企業が“トヨタの人づくり”を採り入れるには』と題し、

人材育成セミナーを開催致します。



なお、当セミナーは受講企業様の業種、業態、規模などを一定範囲に整えるため、

ダイレクトメールのみによる受講募集とさせていただいております。

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。