苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

不況もまた良し/津本陽

不況もまた良し不況もまた良し
(2000/11)
津本 陽

商品詳細を見る


【ひと言紹介】
経営の神様‐松下幸之助伝。小説仕立てのため娯楽として読めます。臨場感豊かに描かれ、目の前に丁稚小僧だった幸之助が現れるような感覚さえあります。

【抜粋】
・1917(大6)年1月、22歳、改良ソケット“松下式ソケット”の実用新案一つを支えに独立。
・1922年、これまでローソクランプが主流であった自転車用ランプの画期的製品開発に取組む。
・幸之助はこの頃ヘンリー・フォードの伝記を読んでいる。彼の“水道哲学”はフォードの「いい製品を安く売って社会を富ませることが経営者の責任・使命である」に大いに影響をうけた。
・水道哲学の生まれたきっかけは、大正7年はじめて工場を持った頃のある夏の日の風景から。
大阪天王寺あたりの道端で荷車を曳いてきた人らが共同水道の前で車を停め、汗を拭き拭きその水道で水をうまそうに飲んでいる。
これを観て松下は「水道の水はただではなく有価のものだ。それをこうして誰に断るでもなくタダ飲みしていても誰も咎めたりしない。これは考えてみれば不思議だ」と感じた。
・1930(昭5)年、35歳になった松下は500人規模に膨れた会社で自身の思いを隅々まで展開するため「綱領」と「信条」を創り掲げた。

【所感・解釈】
人は「○○の神様」という言葉に対し、無思考にすがるか、反対に毛嫌いするか、怪しいと斜に構えるか、そんなところです。無思考にすがる人は自分で考えないため真似をしようとするか、感心しておしまいです。毛嫌いしたり斜に構えていては触れられず学びようもありません。そういう意味で「経営の神様」と冠したことは失敗だったと思います。
今となればかなり整いつつある経営学の体系を、あたかも学んで知っていたかのように経営の現場で開発し実践していく業を知れば、まさに神業と言いたくはなりますが。

実際、この本を読むとこの形容は必ずしも的を射ていないと感じます。「経営の神様」がいたとして、幸之助翁はその神様がこの俗世に遣わした使者のような存在だったんだろうと。天使ですが、やはり生身の人間として。同じ生身の人間としてみるところから、翁のとった数々の経営者として見習うべき言動の本質を私たちは学べるのだと思います。元気になれる本です。経営者には「座右の書」足りえます。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援クリックしてもらえると、なお嬉しいです(^^ゞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

| お奨め書籍のご紹介 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラ・クレープリー (La CRepeRie)

今日は家の近くのラ・クレープリー(La CRepeRie)で午後ティをしてきた。たいへん評判のお店です。注文したのは定番の「塩バターバニラアイス」とコーヒー。

塩バター・バニラアイス

実はこのお店の店主は僕の元同僚です。アイシンの購買時代、1991年から95年(確か)までの5年間、同じ課で働いていました。共に20代前半でとても楽しい職場でした。互いに茶化しあいつつも課を盛り上げていました。いいデコボココンビでした。(彼は背が高いんです。)公私共によく遊びました。今では共に個人事業主なんですから、本当に縁は奇なものです。

お店を知っている方(ファン)なら良くご存知でしょうが、「女性客率」が非常に高く、中年オヤジは肩身がやや狭いのです。これからはお客としてもう少し顔を出すようにしますねっ!その時はまたこうしてブログにアップしていきますので。

PS カズジ(店主)さん、「こういうことはブログに書かないで」ということあれば事前に言いなさいな~(^0^)/




関連記事

| 未分類 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日のコンサル-新しい船出

そこそこコンサルも長くやってくると(まだ5年目ですが)、いろいろなことが起こります。

今日はまさにそういう日でした。感度的な日になりました。その会社にとって今日が「新しい船出」の日であったと、後に振り返られるような、そんな日だったと確信しています。またコンサルとして、必ずそうなるように尽力しなければ、と心に誓わざるをえません。

すみません。まったく「何を言っているのやら」という内容で。

それこそ日記に人知れず認めればいいようなことなのですが。これまでの人生で日記というものは夏休みの日記しかつけたことがありませんでした。このブログを始めて、日記をつける、という行為に大きな価値を感じています。たまたまWeb上で公開してはいますが、そういうこととは離れたところでの価値を実感しています。

今日この日の感動をこうして文字にしておける、後からすると多少は小っ恥ずかしいと感じるかもしれません。どうにも居たたまれなければ修正すればいいわけですからね(笑)

コンサルっておもしろい仕事です!感謝 <(_ _)>
関連記事

| コンサル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

授業中、ラジオでドラゴンズを応援してた中学3年の秋

ブログ始めて間もないので、カテゴリーが新設されがちです。今日はド
ラゴンズについて書こうと思い、そうすると新設しておかないとなと。

僕は小学校3年で野球を始めた時からドラゴンズのファンでした。どっ
ちが先だったのかまでは定かでありませんが。30年以上、応援してき
ています。ただ、ここ10年くらいは随分ゆるく応援できるようになり、
精神衛生上も良い感じです。今日はまさにその効用が大きい日の典型。
ワンサイドでやられる感じと分かると、カッカもせず、ラジオでもテレビも
執着なく離れられます。昔はそれでもひょっとして、とまたラジオ付けて
みたりとしてましたが。

自分でも印象的なことは、1982年、僕が中3の時、近藤監督率いる野
武士野球でリーグ優勝しました。優勝の瞬間は兄姉の3人で一緒にテレ
ビで応援し、大興奮でした。夜中の特別番組も見通したりして。高校とは
言え、一応受験生でしたが、そっちのけで。

“そっちのけ”はまだ続きます。そう日本シリーズ!昨今はドームも増え、
日本シリーズもナイター化の傾向ですが、当事はデーゲーム、午後です。
当然、授業です。サボリはしてません。きちんと教室で授業を受けたふり
をして、ラジオを聞いて戦況をつかみ日本シリーズを楽しんでいました。

今で言えばデジカメより少し大きめの携帯ラジオを学生服の内ポケットに
忍ばせて、イヤホンを袖に通して袖口から出し、頬杖をついて耳に手のひ
らを当てて小さな音でこっそりと、密やかに、聴いていたのです。もちろ
んシリーズ中ずっと。一度もバレずに。まさにパーフェクト!今でもあの
ヒヤヒヤしんがらのドキドキ感はうっすら覚えています。

そんな熱狂的ファンだった僕も、今ではゆる~く、調子よく応援してい
ます。とは言え、地元テレビ局のドラ番組などはけっこう見たりもします
が。カテゴリーを起こすくらいですから、またチョイチョイ、ドラについ
てもつづっていきたいと思います。ドラファンの皆さん、野球ファンの
皆さん、これからよろしくお願いします。
関連記事

| ドラゴンズ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日のコンサル

今日のコンサル先のクライアントでは、品質改善のお手伝いと、経営層
へのコンサルをさせていただいています。

僕の企業コンサル活動は「経営KAIZEN考房」という商号、屋号で展開し
ています。その中の大きなコンサル商品立ては3つあります。
①会社づくりサポート
②流れづくりサポート
③人づくりサポート
の3つです。
本日のクライアント先で当てはめると品質改善のお手伝いは②であり、
経営層へのコンサルは①に相当します。
ただし、②は③の要素を付随的に持っています。
結果的には3つの商品をワンストップでお届けしていることになります。

品質改善のお手伝いは、その会社の当年度の品質重点活動を主導して
いる品質管理部門のキーマンへの直接的なサポートになります。僕自
身は品質管理の実務経験はむろんありません。せいぜい購買業務を担
当していた頃の聞きかじりと、診断士試験での最低限の知識程度です。

ただ、どんな業務も本質は共通していますので、問題発見力、問題解決
力、洞察力、分析力、表現力、思考力、でもってどんな業界、職種でも
コンサルできます。これらの力の根底には論理思考力が必要ですが。

はじめはどなたも「貴方の職歴で私の仕事に適切なアドバイスができ
るの?」的ないぶかしさをもって僕と対応され始めますが、3ヶ月~半年
くらい経つと、これまたどなたも信頼してくれ、何でもぶつけてきてくれ
るようになります。そうなるとコンサルは好循環になります。これから
もどんどん良くしていきましょう!
連休をはさみますので、また3週後によろしくお願いします。

関連記事

| コンサル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍馬伝

久しぶりに視ようとしてNHK大河ドラマを視ています。もう記憶に
ないほどなので、久しぶりという言葉も適当ではないのかも??

僕が坂本龍馬と出会ったのは19歳、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』
でした。僕は高校を卒業するまで本を読むことが苦手かつ嫌いでし
た。浪人して、名古屋の塾まで電車で通うことになり、その時間の
手持ち無沙汰解消くらいで、文学作品などを読み出しました。その
時に少しだけおもしろいと思うようになりましたが、まだ恰好で読
んでいる感じでした。

大学に入り、直ぐの4月に読み始めたのが『竜馬がゆく』でした。
おそらく、本を読んで楽しいと思った初めての体験だったのではな
いかと思います。あっという間に8冊の文庫を読んでしまい、すっ
かり竜馬ファンに。

『竜馬がゆく』で描かれる竜馬は、「俺はいったい何者なんだ」と
自分探しにもがく時期があります。その「自分は何者か?」、裏を
返せば「何者かでありたい」との思いが、19歳の僕にも強く入っ
てきた描写でした。具体的な将来像のないまま学生4年間を始めよ
という19歳の僕の中に。「俺は何者なんだろう?」って。



さて今日の大河ドラマ「龍馬伝」では、龍馬は自分が何者かである
ための方向性をちょうど見出したところです。具体的には勝麟太郎
に見出され、咸臨丸に出会い、ジョン万次郎に出会いました。

ドラマの中で福山演じる龍馬はこれからどんどん変わっていくこと
でしょう。
関連記事

| 龍馬伝 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョギング

ジョギング。2008年1月から始めました。週3回、1回は5キロ走ります。
土日のどちらかは必ず走るようにしています。今日はその土曜、夕方
走ってきました。

誰かに聞いた話ですが、時速10キロを堺にジョギングかランニングか
が別れると。それが本当ならギリギリ、ランニングに属するペースで
走っています。

始めた頃は、ストップウォッチのついた腕時計をして、タイムがだん
だん上がっていくことが楽しみでした。でも今は走ること自体が楽し
みです。なぜ楽しみなのかと言うと、“無”になれるからです。また
反対にチョットした思索の時間にもできます。

30分に満たない時間ですが、不思議と走り始めた瞬間から“無”にな
れることがあります。今日も“無”だったと思います。なんとも至福
の時間のように思われます。

平日も週2回程度はジョギングしてますので、これからチョイチョイ、
僕のジョギング論などをつづっていきたいと思います。
関連記事

| ランニング・マラソン | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページ

5月末にホームページの開設を予定しています。

そのための準備作業が山場に差し掛かってきました。もちろんマーケ
ティング会社と進めていますが、職業柄、構想、草稿、原稿起こし、
は基本的にすべて自分で行います。デザインやコーディングは全面的
に頼りますし、ページ企画やアイデア面では随時助けてもらっていま
す。たいへん頼りがいのあるWebプロデューサーが担当してくれて
おり、いい出会いをしたと思ってます。当初のイメージからは少し、
大いに?、違ったものになりそうです。

1995年頃に初めてインターネットに触れてから15年、自分がホームペ
ージを持つとは夢にも考えませんでした。どころか構想し始めたのは
今年に入ってから。

経営コンサルタントを生業にしてから5年ほど経ちます。これは身一つ
で営める業態です。自分自身が移動店舗であり、商品であり、ブラン
ドです。ですから尚のこと、ホームページは広告ではなく、お店に代
わりうるものと考えています。何屋さんでも、もし自分のお店を持と
うとしたら、誰だってこだわりが出てきます。お客さんに支持されて
こそですが、同時に自分が満足できなくて何が自分のお店と言えるで
しょうか?

というわけでかなりこだわって思索、思考、を深めています。同時に
力仕事的な作業も膨大で、あと少しと老体にムチ打っています。今は
『立上げ前ハイ』の状態だと思います。立上げ後の反動がコワイ今日
この頃です。
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人成る

22日(木)の日付では2つ目のUPになります。実は一件目の
「社長との一時間」を保存したのが、22日(木)の午前0時
でした。
感覚的には21日にUPしたものであり、この「人成る」は
感覚的には22日としての一件目のUPです。

さて・・・「人なる」。
実はこの話題も昨日のコンサル先、まさに「社長との一時間」
で出た話題でした。

社長曰く『キーマン乙がまだ“人成って”ない』とご不満を。
聴き慣れぬ音に聴き直すと、
『ここらの方言でしょうかね~?“人に成る”で“人成る”。
つまり、成長する、わきまえのある大人になる、ってな意味
でよく使うんです』と。

そこでピン!と来ました。
僕の生まれ育った半田でも、祖母や親の世代の昔の人たちが
同じ意味合いで「しとなる」という言葉を当たり前に使って
いました。
成長ざかりの子供を久方ぶりに目にして、
『よ~おぅ、しとなったねぇ』などと。

恐らく半田で生まれ育った僕以上の世代なら「しとなる」の
意味は知っているのでしょうね。ただそれが「人成る」の
変化形だと認識、あるいは確信的に推察している人はどれほど
いるのでしょうか?
「ひ」の発音が苦手で「し」となってしまう江戸弁の系譜なの
だろうか?と思索が広がって一人愉悦に浸ったりもします。


こうした発見というか、気づきをした時というのは、何とも
痛快で清清しく、少しだけ自尊心をくすぐられる感じがします。
またこうした何気ない気づきや発見をした時にはこのブログの
カテゴリー『気づき』に放りこんでいこうと思います。


関連記事

| 気づき | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社長との一時間

今日は午前、午後、別のクライアント先でのコンサルでした。

午後のクライアント先では社長、番頭さん的ナンバー2の常務、

それぞれの方と1対1で一時間強のコンサルでした。

報告や相談などの“受動的傾聴”をした後の適宜助言活動と、

こちらからの質問による“積極的傾聴”による問題や課題の抽出、

といった大きく二つの作業に別れます。

前者はその時々のトピックに左右されますので、あまり連続性は

ありません。

一方、後者の“積極的傾聴”では一定程度の期間にわたってコン

サルに入れば、時間軸のつながりの中で、脈略を持った課題や問題

をウォッチしモニターしていけます。

お客様としてはそのように連続して脈絡を持って見守っていてくれ

ている安心感も大きな価値に感じてもらえるようです。

また次回もよろしくお願いします。
関連記事

| コンサル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。