苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

【公開物】自動車 国内生産・輸出台数 5月分更新

【自動車産業に関わる方々へ】
以下のグラフを毎月データ更新して公開していきます。ご活用ください。
①「国内生産・輸出」台数
  →(N-1)月分データを反映し、N月末~(N+1)月初に公開します。
   例)今回は5月分データを反映し、6月末に公開
②「国内販売・米国販売」台数
  →前月分データを反映し、毎月5日~10日頃に公開します。
   通知)6月分データを反映し、7月5日~10日頃に公開予定
(グラフ読み取り上の注意)
折れ線は通常“対前年比”ですが、ここでは“07年比”としています。
実質的には“対ピーク比”と考えてもらって良いものです。

<2010.9.14訂正>
表示回復につき、下の8月3日の追記を取り消し。
<2010.8.3追記>
下に貼ったスライドは現在、適正に表示できていません。
記事アップ後、いつからかは定かでありませんが、表示されなくなっていました。
最新グラフは8月2日のエントリーで確認していただけます。
恐れ入りますが、そちらを覗いていただければ幸いです


関連記事
スポンサーサイト

| 統計グラフ(新車生産など) | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/29のツイートまとめ

karitt_

#sumo 角界の内向志向はどうでしょうか?まさにトカゲの尻尾きりでは!?それをさせるような勧告にも疑問!ともあれ外部からの要求を最大限の罰として甘受している受動的な姿勢では、信用や信頼を取り戻すことはできないでしょう。
06-29 12:42

関連記事

| Twitterまとめ処理 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもの頃の習慣とモノへの感性

長年、愛用してきたDAKSの長財布ですが、
そのボロボロさにいい加減お役御免にしてあげないと、
と思い財布を新調しました。

新旧財布
上が新。下が旧。

写真でもその様子が分かりますが、
財布の底の表皮が大きく割れてしまっています。
また小銭入れのチャックが金属疲労でポキッと取れてしまい、
開け閉めにコツを要していました。

貧乏性なのか、モノを大事にするたちのか、ケチなのか?
それらが一定割合で混ざった感性、性質なのだと思いますが、
一つのモノをけっこう長く使う方です。場合によっては“使い倒す”ほどに。
今回の財布は、使い倒した観あり、です。

Tシャツもそうです。
外着としてはいい加減なところでさすがに着なくなりますが、
パジャマや部屋着としてビリビリになるまで着倒します。

趣味(ヨット)でも同様のようです。
ヨットには着るものも含めヨットギヤというものがありますが、
ウェアも道具も使い倒します。


この性質はやはり子どもの頃からの習慣といいますか、育てられ方に
起因するものだと思います。

例えば、食べ物は残飯にしてしまうことは基本的に気が引けます。
ご飯粒というのはその象徴で、他のものは多少残してしまう時でも、
ご飯だけはお茶漬けにしてでも一粒残さずかき込む、
といったところがあります。

また小学校3年から野球を始め、中学3年まで野球をしてました。
買ってもらったグローブはまさに宝物で、毎日のようにワックス
を塗って手入れしたものでした。

子どもの頃のモノへの感覚は大人になっても抜けないものなのですね。

悪いことではないなと思います。


ただ、使わずにいつまでも取っておくことは社会的にムダであり、
もったいない状態でもあります。
資源ごみに出す、役立ててくれそうな人に譲る、後進国へ贈る、など
どこか活きる道に手放してあげることがモノへの愛情なのだと思います。

最後の一段は自身もできていないことです。自戒をこめて。
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/28のツイートまとめ

karitt_

#2010wc ビデオ判定など科学的手法導入が進まないのは、特定集団の生存権的抵抗のせいでしょう。しかし、こうした事態は競技の魅力を損ねます。顧客(ファン)を観て適応していかないと、サッカーと言えども衰退してしまうかもしれません。
06-28 21:04

学習の仕上げ工程は、学んだことを、同様に学習したい誰かに教えること。自身が肚に落とせたものを、自身の個性に乗せて再生産すること。それを相手が肚に落としてくれた時、ようやく学習は仕上がります。 #twiNAGOYA #aichi
06-28 12:52

#ohayo おはようございます。ところどころ青空もあり。火曜の日本vsパラグアイ。今度は視やすい時間なので水曜に反動が出なくてすみそうですね。 #twiNAGOYA #aichi
06-28 08:01

関連記事

| Twitterまとめ処理 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年 第2回衣浦合同レース

昨日は衣浦港内にあるヨットクラブ合同のレースでした。

前日の天気予報の感じでは雨が予想されましたが、はじめ曇りで後には青空ものぞいてくれました。

レースは、
スタートを大失敗しましたが、スタート直後の早々のタック(方向転換)が効いて、やがて先頭に立ちました。
レースの前半、一時ダントツのトップにもなりましたが、その後ジリジリ追い上げられ、ゴール直前で2位だっフネにかわされ2着に終わりました。

100627 スタート4分前
スタート4分前。各艇が好位置を取ろうとする。


100627 松島通過
篠島西沖合いに浮かぶ松島と篠島の間を通過。この時点はダントツトップ。


100627 後続艇スピンラン
はるか後方から追いかけてくる3位以下の後続艇団。

愛の一票(クリック)をよろしくお願いしまっす!(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
関連記事

| レース・クルーズ等のLOG | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/26のツイートまとめ

karitt_

#sapota 明日はヨットの草レース。雨のゴルフもそうですが、雨のヨットレースもただただ辛いだけ(泣)ユーウツ。 #twiNAGOYA #aichi
06-26 23:23

#2010wc いよいよ負けたら終りの決勝T。韓国vsウルグアイは、日本vsパラグアイの前哨戦の観。韓国はブロックの顔ぶれからすると、ベスト4も十分あり得ますよね。 #followmeJP
06-26 19:56

#dragons あと2人!で中継終了…。なんとか勝った!ワールドカップが終わる頃には巨人に肉迫していてくれないものかなw。 #twiNAGOYA #aichi
06-26 17:41

#2010wc 予選リーグ総括② 3大ビッグプレー…【3位】本田、無回転FK&ゴール!【2位】ブラジル、マイコン、ゴールほぼ真横からシュート&ゴール!【1位】英、テリー、超低空で頭から人間魚雷的に飛ぶ! #twiNAGOYA #aichi
06-26 15:26

#2010wc 前日の睡眠不足で昨日はブラvsポルを視ずに眠ってしまった…予選リーグを総括!3大驚きは…1位-伊の最下、2位-仏の最下位、3位日本の2勝! #ohayo #twiNAGOYA #aichi
06-26 11:35

関連記事

| Twitterまとめ処理 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペインの決勝進出に徹した戦いぶりへの批判記事を考える

「恥も外聞もなく 勝ちに徹したスペイン」

こんな見出しが気になって記事を読んでみた。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000514-san-socc

ありがちな批判ではある。特別にユニークなものではない。
サッカーにはよく美しさ、エレガントさが求められることも事実。

例えば、名古屋人だけでなく日本人全般に親しまれているピクシーこと
名古屋のストイコビッチ監督。
彼などはサッカーは美しくなければならない、くらいの考えであろう。
と言いながらも、現実に毎試合毎試合そんな試合もできるわけはなく、
案外勝てばいつも選手を称えるコメントを残している。

選手や監督が自戒や自嘲で「美しくなかった」というならともかく、
また百歩譲ってサポーターならばともかく、
ジャーナリズムがそう批判することは何のためなのか?
さらに百歩譲って、「美しくないと、ファンが離れる」という忠告ならば
理解もする。

しかし、勝ちに徹することは批判にあたらない。
まして、恥じも外聞もなく、などと悪意をもって批判されるべきではない。


ことは4年に一度のワールドカップである。
国とチームと自身と、あらゆるものを背負い、一つでも先を目指して
戦っている。

4年に一度のオリンピックで、何かの競技で、どこかの国で、
代表チームが勝ちに徹した戦いをしたと批判されることがあろうか?

試合時間に制約のある競技はすべて時間を視野に入れて戦っている。
パスを回して時間を潰すことはバスケでもやる。ラグビーもしかり。

また個人競技では駆け引きが基本である。
柔道にしろ、レスリングにしろ、個人競技はすべて勝ちに徹している。
優勢な方は基本的に時間消費に一生懸命である。
マラソンなどはタイムより勝負というのが常識。
なかなか集団から飛び出さず40キロ近くなってようやく勝負する
なんてことは珍しくない。
ある意味、勝負時機を先延ばしし、時間を消費、消化しているともみる
ことができる。

野球はどうか?
バンドは?敬遠は?スクイズは?隠し玉は?小刻みな継投は?
勝ちに徹し尽くしている。


もちろん、個人的にも、より攻撃的な、“打ち合い”の試合はみたい。
だからと言って、この批判はありえないと思う。

あなたならどう思われますか?
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/25のツイートまとめ

karitt_

#keiei 中小企業診断士資格更新のための研修を受けてきた。さすがに今年は眠かった。10年版中小企業白書(分析対象年は09年)を概括した。各種マクロ統計からリーマンショックの深刻さを改めて痛感! #twiNAGOYA #aichi #kigyou
06-25 19:41

#aichi 午後は中小企業診断士の資格維持要件の一つである理論政策更新研修です。名駅の新中小企業センター“ウインクあいち”に初進入です。新しものにキョロキョロしてしまいそう。 #twiNAGOYA #kigyou
06-25 11:47

#ohayo #jpn とっくにお早うございます、ですね。直前の不調もあり期待薄だっただけに、サプライズが加わって日本中が歓喜しています。スポーツにおける日本代表の持つ力はスゴイですね。 #twiNAGOYA #aichi
06-25 07:27

#ohayo おはようございます!!やりましたねー!いや、非常に良かった!ナイスファイト!ナイスゲーム!ナイスサムライ!ナイスです!朝から感動!今さらもう眠れない! #jpn #2010wc #twiNAGOYA #aichi
06-25 05:25

岡崎ころころシュート!ゴーーーール!勝てそう!
06-25 05:16

関連記事

| Twitterまとめ処理 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

06/24のツイートまとめ

karitt_

トヨタの株主総会のニュースは、日産のそれと対照的でしたね。端的に言えば、豊田社長叱咤激励会のような総会だったようです。労使一体どころか「労・使・資」一体。日本の経営の一つの可能性です。 #toyota #twiNAGOYA #aichi #kigyou
06-24 20:59

#2010wc 昨日の英vsセルビア。地を這う敵のシュートに英のテリーがダイビング。脚からでなく、頭から!(驚)キャプテン翼の石崎君かっ!デンマーク戦、サムライ達の石崎君ガッツに期待! #twiNAGOYA #aichi #twitbackr #followmeJP
06-24 17:53

昨日の運転中、雨降ってないのに、後続車がワイパーを作動!?暫くしても作動してる???気になりBミラーでチラ観しながら走る。ずっと動いてる???5分後、右折し離れ離れに。気になる黒プリウスであった。 #twiNAGOYA #aichi #twitbackr #followmeJP
06-24 12:58

本日2ツイ目。珈琲は3杯目。今日も新潮・文春のWゴシップ広告に抗えなかったワタシ。目と心を奪われること3分。一字一句読んでしまった。新潮が10円安いw。 #coffeeJP #ohayo #twiNAGOYA #aichi #twitbackr #followmeJP
06-24 10:39

#ohayo 役員報酬一億円以上の開示義務化でゴーン氏の報酬が9億円弱と。今日はトヨタの株主総会。トヨタは開示対象者無しだろう。世界は改めてトヨタに驚く。この少格差が労使一体には不可欠なのだ。 #twiNAGOYA #aichi #twitbackr #followmeJP
06-24 07:45

関連記事

| Twitterまとめ処理 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「日本vsデンマーク」 決勝進出をかけた死闘を前に

もうあと数時間後に始まる予選リーグ三戦目。「日本vsデンマーク」。

わりと楽観的なムードでメディアは伝えている。


それと言うのは、戦前の期待に反し、ジャパンが引き締まった試合を

してきているからだろう。

とりわけ、優勝候補に名が挙がるオランダに0-1と惜敗したことが

その好評価、楽観視の正体だ。


2試合で1失点ながら得点も1。決して楽観できたものではない。

仮にも相手は格上。

ただ、もう一組の試合動向に関係なく目の前の相手との関係だけで

決着できることは大きい。しかも引き分けでもOKなら尚のこと。

これが今一つの楽観ムードの背景だろう。



正直言えば、岡田ジャパンへの期待はもう満足している。たとえ

敗れて決勝進出ならずとも、ブーイングしたり、落胆することは

ない。

なぜなら、かなりの確率で3連敗はありうると思っていたからだ。

選手は直前の不調を良く跳ね返し、いいファイトを見せてくれた。



ここから先の前進は“丸儲け”と思える。そう思わせてくれただけ

で幸せだと思う。

きれい事でなく、選手には悔いの残らないファイトをしてほしい。



さて、いったん寝てしまうと起きれるか不安です。老体に鞭打って

久しぶりに完徹覚悟でこのまま起きていようか…迷ってます。


「祈、健闘!」
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。