苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

原発事故と情報錯綜と放置された患者/

おはようございます。花粉もそろそろ退散してくれていってるようです。

-----

3月11日の地震後の数日間、福島第一原発では事態が次々と悪化方向に進展していきました。

その緊迫と混乱の極みの中、あらゆる組織間、あらゆる階層間、あらゆる個人間で、情報錯綜という事態が起きていたわけです。

緊迫した事態の中では、情報はいちいち文字や紙に落とされ難くなり、専ら口頭での扱いになります。そして、時々刻々変化していく情報を、一箇所に集め分析し指示を発するという“情報一元化”が困難になります。

恐らくこの二点によって、情報錯綜は必然のものとなっていくのでしょう。


こうした情報錯綜の中、第一原発から4キロ地点にある双葉病院で、患者が放置され何十人もの命が失われるという悲劇が起きていたことを、『毎日jp』の震災関連の記事で知りました。

ボクたちは、こうした悲劇的な大失敗の事実を知ることで、将来自分の身の回りで起きかねない情報錯綜を防ぐための知恵と工夫を生み出す拠り所にしていくべきなのでしょう。

その意義のため、当該記事をそっくり引用させてもらおうと思います。↓

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーちゃんのご冥福を祈り、微笑がえし/

元キャンディーズのスーちゃんこと、女優の田中好子さんが亡くなられた。

昭和42年生のボクにとって、もちろんキャンディーズの記憶は明瞭にある。

しかし、彼女たちは一まわり上の世代にあたり、いかにもお姉さん過ぎた。

解散の年の1978年は、ボクはまだ小学校5年生であった。

そろそろアイドルにも興味が出始めようかという頃に解散していった。

そのためか、特別に強い想いは少なかった。…はずなのである。

ところが、ラストソング『微笑がえし』は、その後、春‐出会いと別れの季節‐の定番曲に育っていった。

そのことが、彼女たちを同時代で知っていた者にとって、つまりボクにとっても、やはり特別な存在にさせているのかもしれない。

そうか…、やはり彼女たちは特別だったのだろう。

最後に投げかけた歌の印象の強さという点で、やはり同時代の特別な存在であった山口百恵と、似たものがあるのではないだろうか。

----

では、田中好子さんの冥福をお祈りしつつ、

YouTubeから『微笑がえし』の“いいやつ”を貼りつけさせてもらうことにする↓

≫ 続きを読む

関連記事

| 未分類 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NIMBY-原発と在日米軍基地の相似形/

おはようございます。少し肌寒さを覚える朝です。

先週放送されたNHK『マイケルサンデル 究極の選択』の録画を視聴しました。
主題は、~大震災後の世界をどう生きるか~、というものでした。

原発の要不要についての議論中、日本の学生の一人が“NIMBY”という言葉を使いました。

“NIMBY”とは、

≫ 続きを読む

関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

県が災害ボランティア隊を募集、バス派遣/

3月29日の当ブログにて、「都道府県レベルでボランティアのバスツアーを仕立ててはどうか」、と提起していました。↓ ↓ ↓

全国にボランティアをしたいという人はたくさんいる。ところが、現状は県外からのボランティアを受け入れる環境が被災地側にない。ボランティアの衣食住を賄う余裕がないから、衣食住を自己完結できるボランティアでないと、被災地も困るというわけだ。この自己完結性要請が、全国に散在するボランティア希望者にとってはネックになる。

この課題を克服するには、首都圏以西の都道府県レベルでの取組が重要だ。例えば、自己完結できるボランティアバスツアーを仕立てるのはどうか。

一週間など一定期間ボランティアできる人をツアー募集する。集まったボランティアの期間中の衣食住を、キャンプ形式で保証するのだ。一週間分の食料もバスに積み込んでいく。寝床はテントか、無理ならバスでもいい。一万円とか、最低限の参加費用をボランティアから徴収してもいいだろう。
         ~3月29日当ブログ『被災地への物資配給を妨げるボトルネック』より~


当初から、NPOやNGOの災害ボランティアではこうした動きを取っていたように思います。その後、ようやく県社協や県レベルで、こうした動きが始まっています。

もっともっとこうした動きが拡がり、続いていくことを期待したいところです。

鳥取県社協、岐阜県が主導したボランティア・バス派遣の動きを取り上げたニュースサイトをリンクして紹介しておきます。
◆鳥取県社協・・・毎日jpより
被災地支援、要望踏まえ県社協、集団ボランティア派遣/鳥取
◆岐阜県・・・岐阜新聞Webより
県がボランティア募集 3泊4日で岩手に派遣
関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BCP(事業継続計画)関連お役立ちサイト/

おはようございます。快晴の朝です。今日も「がんばろう、日本!」で。

BCPへの関心が非常に高まっているようです。少しでも参考になればと思い、BCP(事業継続計画)策定セミナーで案内した関連お役立ちサイトを紹介します。

≫ 続きを読む

関連記事

| BCP/事業継続計画 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社員の「やらされ感」を感じますか?

おはようございます。

桜前線が東北を北上中です。プロ野球も開幕しました。本格的な春到来です。

一方で昨日、一昨日と、余震活動が活発です。

昨日は、原発事故の評価レベルが最悪レベルの「7」に見直されました。

政府は「計画的避難地域」なるものを発表。新たな混乱と不信を招いてます。

震災一ヶ月を機に復興ムードを盛り立てようという折なのに…。


さて、
今日は、「やらされ感」、についてです。

≫ 続きを読む

関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

震災名は『東日本大震災』に収斂した/

おはようございます。今日で震災一ヶ月です。

一昨日、NHKのニュースを視ていて、「おやっ?!」、と。
キャスターの背後の大きなモニターに、『東日本大震災』、と。

NHKは当初から、『東北関東大震災』、との表現を使っていました。
新聞のTV欄を調べてみると、3月31日にはまだ、『東北関東大震災』。
4月1日と2日のTV欄にはいずれの表記も見られません。
ところが、4月3日以降は、『東日本大震災』、となっています。

調べると、4月1日、今回の震災を『東日本大震災』とすることが閣議了解されていました。地震の命名は気象庁に権限がありますが、震災名というのは法制上の明確な規定はないようです。

阪神淡路大震災の時に、震災として統一的な名称の必要性を感じ、時の政権が閣議にて『阪神淡路大震災』と決めたようです。今回もこの例により『東日本大震災』と閣議了解されていました。

NHKはこの閣議了解を受けて、『東北関東大震災』改め、『東日本大震災』に変えていたものと思われます。

≫ 続きを読む

関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南部美人を買った。“東北産品消費”でいこう!

おはようございます。
昨日、岩手と福島の酒を1本づつ買ってきた(*^^*)。さっそく昨晩、先ずは岩手・二戸の『南部美人』を開けた。冷酒でキュッと頂いた。美味かった~!

HI3E0042_convert_20110407172353.jpg
左:福島・喜多方の『会津ほまれ』  右:岩手・二戸の『南部美人』

今朝は、“東北産品消費”でいこう!の話。

≫ 続きを読む

関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月自動車 国内・米国販売台数 推移グラフ/

おはようございます。

自動車(新車)-国内販売台数&米国販売台数-推移グラフにつき、3月実績を織り込み更新公開します。
トヨタと他全社(含、トヨタ)の2系列につき、
自動車(新車)の国内販売台数および米国販売台数の最新データを含む過去24か月分の推移グラフを公開しています。ご活用ください。

【今後の展望】-------------------------------------------------
3月の国内販売の激減は、生産ストップによる供給力低下や納期不明の要因よりも、震災による消費者心理の落ち込みと動揺によるショック要因の方が大きかったのではないでしょうか。供給力低下や納期問題による販売の落ち込みは、4月以降に現れてくるでしょう。ただ、生産能力が回復するにつれ、販売動向も回復してくると私は楽観しています。
--------------------------------------------------------------------
※右下のボタンで全画面表示できます。
関連記事

| 統計グラフ(新車生産など) | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コンサルティング:BCP策定のススメ/

野暮ったい言い方になりますが、私は経営コンサルタントであり、トヨタ流カイゼンコンサルタントです。一方で、リスクマネジメント・コンサルタントでもあります。

昨年秋には愛知県経営者協会主催「BCP策定セミナー」の講師を務めさせてもらいました。また、2008年11月には、(財)あいち産業振興機構から委託され、『BCP(事業継続計画)策定のススメ』、なる記事を寄稿しました。

「企業存続、事業継続」、という大義は、顧客企業の経営者にとってそうであるように、顧客に寄り添っていく経営コンサルタントとしても、何としても死守すべき大命題です。

東日本大震災で、BCP(事業継続計画)策定への関心が高まっています。そこで少しでも参考になればと思い、上記の記事を紹介させてもらいます。
↓ ↓ クリックください ↓ ↓
>>>『BCP(事業継続計画)策定のススメ』

辟。鬘契convert_20110405214519
関連記事

| BCP/事業継続計画 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。