苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

失敗学のすすめ/畑村洋太郎/

失敗学のすすめ失敗学のすすめ
(2000/11/20)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る


【ひと言紹介】
・先日、東京電力・福島第一原発事故に関する「事故調査・検証委員会」が設置された。委員長に任命されたのが、当著作の著者である畑村洋太郎氏。

・委員会設置のニュースでも、「委員長には“失敗学”の提唱者として有名な東京大学名誉教授・畑村洋太郎氏が…」と紹介されていた。

・著者は、失敗からこそ人は学び得られるものがあると考える。反面、世に氾濫する、他人の成功やノウハウを真似ようという言わば“成功学”に警鐘を鳴らす。

≫ 続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

| お奨め書籍のご紹介 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

半田の横顔~NHK名古屋制作『金とく』から/

さる27日(金)に東海(北陸もか?)地方で放送された、名古屋放送局制作の『金とく』(PM8:00~)が半田を紹介していました。録画をしてまで視てみました。

そこで取り上げていたアイテムは大方、これまでも似たような番組でさんざん紹介されてきたものでした。ですが、中には初めて視たものもあり、しかも恥ずかしながら、それまでまったく知らなかったものもありました。

紹介されたアイテムを列挙しますと、

≫ 続きを読む

関連記事

| 生まれ育った町 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィークの半田の祭り風景/

間の抜けたエントリーになりますが、2011年GWの半田の祭り風景を5枚ほど。

うち4枚は、『潮干祭り』で有名な亀崎の潮干祭り当日の早朝の様子。

【半田の祭りについて】
半田市には31台の山車がある。
3月中からGWにかけ毎週末のように、どこかの地区で山車祭りが行われている。
亀崎地区の『潮干祭り』は中でも奇祭として有名で、山車を海に曳き入れる。


HI3E0040_convert_20110521123006.jpg
半田を紹介する画によく使われる、『ミツカン酢と前を流れる運河』。
“鯉のぼり”は3月から5月くらいの期間、あげられてる。

≫ 続きを読む

関連記事

| 生まれ育った町 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PCの節電-シャットダウンとスリープの分岐点/

定期点検を終えた玄海原発の2・3号機の再稼働が、県の反発などで不透明なようだ。このため、九州電力でも企業や家計に15%の節電要請を検討している。

そもそも、電力含め何事も浪費は排除されていい。とは言え、浪費という意識的なムダ遣いには縁の少ない人の方が多数派だろうと思う。むしろ、現代文明生活にあっては、家電製品の待機電力など、無意識のうちにムダに使っている、そういう状況が多いかもしれない。


さて今回は、この夏、私のビジネスシーンでの節電対策について。


個人でのコンサルティング業において、節電の余地は実際のところ多くはない。それでも、できることをいくつか挙げれば、
◆エアコンの使用時間を抑制する
◆エアコンの設定温度を28度にする
◆エアコン使用時に扇風機を併用し、扇風機の風で冷気を部屋中に回す
◆PCを省エネモードに設定する
◆PCのシャットダウンとスリープ(スタンバイ)を使い分ける

せいぜいこんなところになる。

もちろんクールビズは言うまでもない。さすがに客先で、“Gパン・アロハ・TシャツOK”という『環境省スーパークールビズ』というわけにはいかない。


エアコン使用について補足すれば、エアコンを利かす日中にはカーテンを引き、外気による部屋の温度上昇をなるべく抑えてやる。

これによって外からの明かりが落ち蛍光灯を点けないといけなくなる。しかし、蛍光灯の消費電力よりエアコンの消費電力抑制分の方がはるかに大きく、トータルで節電に寄与するはずと考えている。


PCのシャットダウンとスリープの使い分けについても補足する。
個々のPCによって多少違うのだが、乱暴に言ってしまえば、
【2時間以上使用しない場合】…シャットダウンの方が効果的
【1時間前後使用しない場合】…スリープ(スタンバイ)の方が効果的
ということである。

シャットダウンとスリープの使い分けの分岐点は、1~2時間の間にある。

詳細を知りたい方は↓
Windowsパソコンの省電力のポイントはシャットダウンとスリープの使い分け


この国難に至らなくとも、本来、浪費は排除されていい。また浪費と言わないまでも、ちょっとした工夫によってそんなに快適さが失われないなら、大いに工夫すべきだ。

ボクたちはあまりに怠惰に、快適さと便利さを貪ってきたのだろう。反省。


「専門家iタウン」士業
「専門家iタウン」専門家
関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の属人性リスク-『アタック25』の行方

昨年、『龍馬伝』で龍馬の父役を好演した俳優の児玉清さんが亡くなれました。

博多華丸のモノマネブレークによって、昨今は俳優としてよりも、『アタック25』の名MCの認知の方が大きかったかもしれません。

児玉さんの療養中のここ数か月、『アタック25』は同局の浦川アナウンサーを代役MCとして放送していました。今後も同アナを後継として番組を継続する方向だといいます。

しかし、

≫ 続きを読む

関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月自動車 国内・米国販売台数 推移グラフ/

おはようございます。三日続いた雨からようやく晴れました。

自動車(新車)-国内販売台数&米国販売台数-推移グラフにつき、4月実績を織り込み更新公開します。

トヨタと他全社(含、トヨタ)の2系列につき、
自動車(新車)の国内販売台数および米国販売台数の最新データを含む過去24か月分の推移グラフを公開しています。ご活用ください。
※右下のボタンで全画面表示できます。


【ひと言解説】
トヨタは国内販売を激減させている一方、米国での販売はそれほどの落ち込みが観られません。これは、日本と米国における“車の作り方・売り方”の違いから起きる現象です。つまり、
◆日本は受注生産による受注販売
◆米国は見込生産による在庫販売
という違いから起きていると考えられます。

米国でも、日本に遅れはしたものの、4月から生産は滞ってきています。また日本からの輸出台数も減っています。したがって、ディーラーの在庫は大幅に減少していってます。結果、5月、6月と米国での販売台数は大きく落ち込むはずです。
関連記事

| 統計グラフ(新車生産など) | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレーン車暴走-6児童死亡事故の行方/

おはようございます。今日で震災二カ月です。

と言いながら今朝は、4月に栃木県鹿沼市で起きたクレーン車暴走による6児童死亡事故について。

一昨日、宇都宮地検は当事故の運転手を自動車運転過失致死罪で起訴しました。危険運転致死罪の適用は見送られました。

この起訴を受け、警察庁が全国の警察署に発した通達に腰が砕けました。

≫ 続きを読む

関連記事

| 未分類 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

重点志向-節電はエアコン使用抑制から/

おはようございます。連休にかまけブログ更新を停滞させてました(^^ゞ。

中電の浜岡原発全面停止決定を受け、今朝の日経一面には、「家庭向け節電策」、を投げかける記事が。

それによれば、各対策による節電効果は
◇エアコン→扇風機:▲50%
◇エアコン設定温度28度:▲10%
◇エアコン使用時、窓にすだれをかける:▲10%
◇昼の照明の消灯:▲5%
◇冷蔵庫の冷却設定、強→中:▲2%
◇テレビの省エネモード選択:▲2%
◇家電全般の未使用時のプラグ抜き:▲2%
◇温水便座のプラグを抜く:▲1%未満
◇炊飯器を早朝に一日分炊く:▲2%
とあります。

≫ 続きを読む

関連記事

| 東日本大震災 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JR九州とドコモの「いいね」なCM動画

GW中、朝の情報番組を視ていて知ったJR九州とドコモCM動画です。

「いっぷく、一息」できる、理屈抜きにいい画です。

【JR九州】


【ドコモ】
関連記事

| 未分類 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月自動車 国内生産・輸出台数 推移グラフ/

3月の自動車-国内生産台数はざっくり言って6割減!!超超急ブレーキです。どころか、ドリフトターンで180度向きを変えたかの如くの落ち込みです。

リーマンショック後の落ち込みの最大値もだいたい6割減でした。2008年9月のリーマン破綻を受け、2009年2月に6割減という最大の落ち込みとなりました。5ヶ月かけて徐々に底へ向かっていっていたわけです。

これに対し、今回の6割減は突然起きました。経営の一番の難しさの一つは、急激な変化への対応です。大変な困難が日本中を襲っていることは確かなことです。

こんな非常時ですが、定例としてますグラフの公開をします。
具体的には、トヨタと他全社の2系列につき、
自動車(新車)の国内生産台数および輸出台数の最新データ(2月度)を含む過去24か月分の推移グラフを公開します。ご活用ください。

※右下のボタンで全画面表示できます

関連記事

| 統計グラフ(新車生産など) | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。