苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

“トヨタの人づくり”をテーマに人材育成セミナーを開催します

2月10日(火)、刈谷市産業振興センターにて、

『中小・中堅企業が“トヨタの人づくり”を採り入れるには』と題し、

人材育成セミナーを開催致します。



なお、当セミナーは受講企業様の業種、業態、規模などを一定範囲に整えるため、

ダイレクトメールのみによる受講募集とさせていただいております。
関連記事
スポンサーサイト

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年の初めのごあいさつ 2015年1月6日

新年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



2014年は消費増税による景気後退が鮮明となりましたが、

果たして2015年の景気はいかに。主要企業117社へのアンケートでは、

9割近くが今年の契機は「拡大に向かう」と予想しているようですが・・・

予想している、というよりは、期待している、といったところなのでしょう。

また、この景気後退は、

基本的には消費者心理の抑制状態によるものであり、同じ心理は長くは続かないはず

という楽観があるのではないでしょうか。

しかし、今般の円安は消費者心理だけでなく、実体経済へのマイナス面が大きく、

中小企業と家計に大きな負担となっているのではないでしょうか。

だとすれば、今年の景気は「拡大に向かう」というのは楽観が過ぎるように思います。



ただ、2015年とか2016年とか、短期の視点での展望はほどほどにすべきでしょう。

消費税という一要素に限っても、10%さえも通過点であることを誰もが悟っており、

家計の購買力は削がれていきます。

何しろ諸悪の根源は人口減であって、

この下での日本経済は、中長期的には厳しさを増すことは火を見るより明らか。

中長期の視点から、競争力強化のために、何を武器とし、どう磨くのか、

まさに企業の戦略が問われる時代です。

すなわち、経営者の手腕、経営者の経営能力が問われていく時代です。
関連記事

| お知らせなど | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。