苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

羽虫は吹き飛ばされないように必死で…

13回にもわたって書いてきた『企業経営論と岡田ジャパン』

一稿一稿が重く長くなってしまい、途中、

我事ながら読者離れが気になるほどでした。(^_^;)



そこで今日は“軽~い”、しかし“ピリっ”としたのを

お届けしようかと。

ただし、「その話、知ってる」って方には申し訳ないのですがね・・・


『羽虫の憂鬱』という寓話を知っていますでしょうか?

そこは人がめったに入ることのない山深い森の中。

そこには羽虫の天敵がいません。

草花や樹木に満ち溢れ、羽虫にとってはまさにユートピア=桃源郷。



ある日、道に迷ったのか、一台のクルマが森にやってきて停まりました。

そのクルマに一匹の羽虫が羽根を安めにとまりました。



やがてクルマが走り出しました。

クルマにとまった羽虫には強い風が吹き付けます。

羽虫は吹き飛ばされないよう必死でクルマにしがみつきます。

羽虫はその森、そのユートピアから離れたくないからです。



そうです。

羽虫は自分のとまっているモノが動いていることに気づいていません。

力尽きてクルマから離れてしまった時、

そこは羽虫のまったく知らない、厳しい環境の中でした。




寓話です。

環境は変わりうる。

環境は突然変わる。

大所高所からものをみる。

変わらないことの危険。



様々な警鐘を与えてくれる寓話です。


愛の一票(クリック)をよろしくお願いしまっす!(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
関連記事

| 気づき | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/153-d914ab36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。