苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

吉野家、牛鍋丼で反撃!?

7月のすき屋、吉野家、松屋、の値下げキャンペーン三つ巴戦について、
その頃に記事をあげていました。

牛丼業界の構図を端的に言えば、
ここ数年のすき屋の大攻勢で、業界首位の座を奪われ苦戦するかつての王者、吉野家
といったところ。

このたび、吉野家が並盛280円の牛鍋丼で反転攻勢に出ようかというところです。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/02/080/index.html



上掲の記事にもあるとおり、
吉野家の安部社長は「利益につながらない値下げ競争はしない」と、
定番商品の牛丼での恒久的値下げと決別の意です。
かと言って、何も打ち手がなければ、市場はどんどん吉野家に魅力を感じなくなり、
ますますシェアを落としていくのが成り行きです。反撃しなければいけませんでした。

その一つの形が、280円でも利益の出せる牛鍋丼の登場、ということでしょう。

『牛鍋丼』という商品自体は、味の想像が十分できる、分かりやすいものです。
家庭ですき焼きをした時、鍋の時のおじや的に、残ったすき焼きをご飯にぶっかけ、
かきこんで食べた経験は多くの人が持つはずです。
そういう意味で、かなりジャンキーな感じもします。
極端に言えば『卵かけごはん』を殊更にメニュー化してしまった感もあります。
正直言って、すき家が次々開発してくるメニューのような新味はないかもしれません。
どんなものかその味を体験しに行ってみよう、という誘因には弱いかもしれません。

しかし、新たな定番商品になれる商品かもしれません。

並盛牛丼380円よりも100円も安い並盛牛鍋丼は、
懐の寂しくなったデフレ時代の働く男たちには、恒常的な応援商品でもあります。
近いうちに、懐かしそうな味の牛鍋丼をがっついてこようと思います


クリックした各ジャンルでのランキングが確認できます(*^_^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
                    励みになります。よろしければ拍手をポチっと(^^)v
                                   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/226-c363135a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。