苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

中小企業診断士2次試験対策

おはようございます。昨夜は一昨夜と打って変わって快適に眠れました。
天気予報では、今日は秋らしいカラっとした暑さになると言ってます。
本当にこの夏は厳しい暑さでしたね。(~_~メ)

さて、8月2日、中小企業診断士(試験)について初めて書いてました。
2次試験突破を目指す後輩諸氏に少しでも活かしてもらえれば、ということで自身の経験を踏まえたアドバイスを送っていきたいという内容でした。

2次の力が伸び悩んでいる方は、勉強方法、対策方法、視点・視座など、何かを大きく変える必要があるでしょう。そんな機会になれば幸いですが。

それから、8月2日の記事もざっと目を通してみてください。
そちらを読めば、
〝言うことを参考にしてみようか〟という気になってもらえるはずです。


試験対策としてエクセルやワードでたくさんのドキュメントを作っていました。〝そのままここで開示できそうなものはないか〟と、4年ぶりに専用フォルダの中を片っ端から点検してみました。そのまま開示できそうなものは多くはありませんでしたが、自作の過去問分析、過去問研究のまとめ的なものが見つかり、これをまずお披露目させてもらいます。

今回は、事例Ⅰ(組織・人事)について、自作の過去問分析・過去問研究。対象は2002年~2004年の3年分です。読者の反応があれば、事例Ⅱ~Ⅳも展開しようかと思います。コメントなどでリアクションいただけるとありがたいです。
事例Ⅰ2002
事例Ⅰ2003
事例Ⅰ2004


これらをお披露目する意味や狙いは、ボクの分析内容自体をそのまま活かしてもらうことではありません。そうではなく、
「この程度には過去問と向き合わないといけない」
ということを認識してもらうことです。もちろん、見栄えでなく中身が大事です。


当然の事を、声を大にして言いますが、
本試験の過去問題は予備校のどの模擬問題よりも重要な分析対象である
ということです。
また、分析対象であると同時に、
初めて出会う問題と仮想し何度でも答案練習すべき珠玉の問題である
ということです。

むしろ後者(珠玉の練習問題であるということ)が第一義です
その後工程として分析作業があり、〝体裁として〟開示したようなものがある、そうご理解ください。

ボク自身、時間を設定し、はじめて臨む模擬問題のように、何度も過去問に挑みました。その都度、なぜ模範解答のように言えるのかを考え、肚に落としていきました。開示したものは、さんざん思考し、さんざんメモ書きし、納得しきった上で、多少は見栄えも気にして作った〝結果〟に過ぎません。エビデンスがなくプロセスを見せることは不可能ですが、プロセスが大事です。過去問と格闘、苦闘、激闘してください。

総括的に言えば、
一つの模擬問題、答案練習につき、自分の答案と模範答案を、これでもかと言うほど対比し分析することが重要です。ほんの1~2時間復習しただけでは身になるところは少ないはずです。5時間、10時間と復習してみて、はじめて急に気づくところがたくさんあるはずです。


もう一回か二回、二次試験対策として記事をあげていこうと思っています。
少しでも役に立てれば嬉しいです。頑張ってください(^_^)/~



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援クリックしてもらえると、なお嬉しいです(^^ゞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 中小企業診断士 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/255-7417c545

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。