苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

BCP(事業継続計画)策定セミナー講師/

おはようございます。明け方まで雨が激しく降っていましたが今は上がり、この後は良くなっていくようです。

今日は午後から愛知県経営者協会にてセミナー講師を務めます。
内容は「BCP(事業継続計画)策定セミナー」です。

当日の朝に〝ご案内〟でもありませんが、少しふれさせてもらいます。


無題
※画像をクリックで拡大

BCPにしろ事業継続計画にしろ、まだまだ多くの方にとっては馴染みのない言葉だと思います。
大企業の一部(2~3割程度?)ではしっかり取り組まれています。
しかし中堅企業、ましてや中小企業、いわんや零細企業ではまだまだです。

BCPはリスクマネジメントの一領域と言えるものです。
経営コンサルタントであっても、リスクマネジメントを扱っていなければ、
「何のこと?」といった感じでしょう。

ボクはリスクマネジメントをコンサルティングサービスの一分野に含めています。そんな者でさえ、耳にするようになってきたのは2005年あたりからです。

巨大地震など巨大リスクが現実化すれば、事業継続ということに一定程度、支障をきたすということはあるはずです。しかし、可及的速やかに復旧を図り、事業を再開させなければ、そのまま企業倒産の憂き目を見るかもしれません。

そのような事態に陥らないようにするためには、平時から緊急時への備えをしておかなければりません。
その備えを全社的、包括的、中期的に強化していこうとする経営計画の一領域をBCP(事業継続計画)と言います。今日はその〝策定〟セミナーということです。


セミナーを設計する際の難しさは、受講者の予備知識や受講目的など前提がバラバラなところです。
〝策定〟セミナーなのですから、実務的なアプローチは欠かせません。
かと言って、ほぼ予備知識なく受講される方も中にはいる筈ですから、全体論も語らなければなりません。

3時間という限られた時間の中で、
「実務性を具備するアプローチ」と「全体論も確認していくアプローチ」という〝二兎を追った〟セミナー構成とせざるを得ません。

二兎を追って二兎を得るのが、講師としてのボクの今日のタスクです。

それでは今日も一日、ネジを巻いていきましょう!



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| BCP/事業継続計画 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/284-c5e5e7cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。