苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

続トヨタの軽自動車市場参入に疑問/

おはようございます。今日は雲一つない快晴です。

一昨日、とりあえず書き起こした『トヨタの軽自動車市場参入に疑問』。
中途半端な感がありました。
今朝はそれにケリをつけるべく〝続編〟をつらつらとしてみます。


一昨日の記事で軽自動車の〝販売〟参入とは何たることか、と書きました。
かと言って、過剰設備という意味から〝生産〟参入といかないことも見ました。

結局これは、経営戦略のレベルではなく、販売戦略レベル、営業戦略レベルの話なわけです。完成車を仕入れ、メーカーとしての付加価値を付けることなく売るのですから。

販売戦略レベル、営業戦略レベルの話とは言いましたが、戦略などという高尚なものでもなく、系列販売ディーラー対策レベルの話のようですね。

結局、今回の動きは何なのか?とよく考えてみました。
思い当たったことは、『日本市場でのクルマのコモディティ化』です。
(参照→Wikipedeia:コモディティ化


プリウスのような特別なクルマは別として、クルマ全体として、消費者を虜にできるだけの強烈な力をなくしてしまったのだと考えられます。

それは何も日本のカーメーカーの力が弱まったからではなく、社会、経済、制度、人口、価値観、文化、生活様式、などが大きく変わってきたためなのでしょう。
ドラッカーが口酸っぱく指摘しているようなことが、少なくとも日本のクルマ市場には起きてきているのだと思うのです。


クルマがコモディティ化してしまえば、
新車をメーカー系列販売店で排他的、独占的に売るということは維持できなくなるはずです。あるいはメーカーが価格を決めている点もしかりです。

家電業界では、ふた昔くらい前に系列販売は崩壊しましたよね。メーカー小売価格も一昔くらい前に消滅しましたよね。

こういった有り様が残存できてきたのが、家とクルマです。
日本の新車市場はそろそろこれを維持できなくなってきているのでしょう。

もう数年か長くても10年内には、複数のメーカーのクルマを一か所で物色、商談できるようになっていることでしょう。


さぁ、かえって元気の出る金曜日です。いきましょう。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 自動車産業一般 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トヨタの軽自動車市場参入のニュースはビックリしました。
今、軽自動車の税金が4倍になるとかならないとかのニュースがあったばかりで、この時期に参入してくるのなら
「えっ?もしかして税金据え置きとかになっちゃうの?」
なんて思ったりしてしまいました。

某掲示板では、ぷちレクサスとしてエンブレムつけただけで
そういうのが好きな層にめちゃ売れするんじゃないのか?って
練りあがっていましたけど、正直私もそう思いました(苦笑)

いったいどうなるんでしょうね・・・
個人的には軽自動車はぶつけられた時が怖くて乗れません^^;

| らびあん | 2010/10/02 00:29 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ご無沙汰ですね。コメントありがとうございます。

若干辛口に書いてみましたが、続編で書いたようなことだろうと思ってます。
カーメーカーと系列ディーラ-間の強固な関係性は、反面高コストなシステムです。
この販売システムは各メーカーも同様ですので、一斉に展開できることではありません。
しかし業界リーダーのトヨタが動けばアッと言う間に変わってしまうかもしれません。

「何とかしてくれ」というディーラーの圧力に、トヨタとして手を拱いて観てはいられなく、
販売システム再構築への過渡期としての今回の判断であったろうと思います。
いわば時間稼ぎかな、と。

追伸 ラブ子ばあさん、残念でしたね。

| 苅谷政生 | 2010/10/02 14:09 | URL |

販売システム再構築への過渡期ですか・・・なるほど。
トヨタは最近勢い落ちてるような迷走しているような印象です。
数字的なこととかは素人なのでわかりません。
ただ、一般の1おばちゃんの印象としてだけですが^^;

大昔はやったAE86の平成バージョンが出るみたいですが
若者にも購入できるように、据え置き価格で2000CCで250万(笑)
今の若者にとって高すぎて買えません。
まして2000CCだともうすでに86じゃないような・・・

ラブ子はもうショックでしばらく立ち直れません(ToT)
ありがとうございます。

| らびあん | 2010/10/12 01:29 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

連チャンでコメントありがとうございます。

> 大昔はやったAE86の平成バージョンが出るみたいですが
> 若者にも購入できるように、据え置き価格で2000CCで250万(笑)
> 今の若者にとって高すぎて買えません。
> まして2000CCだともうすでに86じゃないような・・・

そうですよね。
トヨタ含めカーメーカーは、一億総中流時代のイメージを捨て切れていないと思います。
マーケターはもっと街に出て、今の低所得の若者たちのことを知らなくてはダメでしょう。

| 苅谷政生 | 2010/10/13 00:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/286-9165088c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。