苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

激変する競争環境への適応の動き

おはようございます。今日は一日雨模様の予報です。

昨日は寝坊をしてしまい、朝一ブログをパスしただけでなく、新聞すらよく目を通さぬまま一日をスタートさせていきました。
細切れ時間を使って夜までかけて日経新聞に目を通すと、目を惹かれる記事の多さに、「!?(・・?」となりました。

今朝は一日遅れながら昨日、29日の日経新聞の記事についてふれてみます。


一面から順に目に留まった記事を羅列しますと…

◆世界でレアアース生産の再開、再開発などの動き

◆合従連衡の進む学習塾業界で、業界4位、5位が業務提携。資本提携も検討。

◆北朝鮮が金正日総書記の三男ジョンウン氏を朝鮮人民軍「大将」の称号授与。

◆トヨタ、軽自動車市場に参入

◆合併後、10年のみずほ。5年の三菱UFJフィナンシャル。節目のメガ銀、課題山積。

◆昨年度、民間給与406万円。89年の水準に。

◆武富士、会社更生法申請

◆ドイツ。統一から20年。新たな分断、移民問題に影。二重社会ににじむ疲れ。

◆欧州自動車大手、米国で生産加速。

◆伊藤忠、傘下の食品卸4社統合

◆アサヒビール、中国食品・流通の最大手「新頂」に出資

◆日航、整理解雇へ折衝開始



市場での生き残りをかけた飽くなき取組、
業界として存在価値が問われる消費者金融、
それを内包させてしまったメガ銀行自身の課題、
変曲点を迎えるいくつかの国家、
縮む日本経済、

まぁ上記のように、各事象を透かして浮かび上がってくる背景は、「何を今さら」といったものばかりではあります。
しかし、こうした記事が、とある一日の新聞に集まるということに、大きな動きを感じたものです。

リーマンショックで、どの企業もショック対応としての適応行動を取りました。
その後、操業が回復していく中で、変化への根本的な適応を探る方向性模索の動きはあちこちで観られてきたように思います。

そうしたものが何だか一度に現れ始めたように感じます。
また一方で、どうにも適応できないものがはっきりしてきた感があります。
変化が求められる組織にとっては、ここ2~3年内に変化を成し遂げないと、退場させられてしまうのではないでしょうか?個人においてもそうかもしれません。

一経営コンサルタントとしての直観です。根拠はありません。
でも、そんな気がします。


今日は雨模様です。「やれやれ…」といきましょう!



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/287-bffbeb46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。