苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

12月より家電エコポイント制度見直し/

来年3月の制度打切りまで、残り半年の家電エコポイント制度。
これが段階的終結を図るべく、このたび運用の変更がなされました。

これについてみておこうと思います。


まずは下に貼った経済産業省のリリースを参照ください。
>>『家電エコポイント制度の見直しについて』


今回の制度変更は、9月のエコカー補助金打切りでの失敗を踏まえた、改善・カイゼンだと考えられます。
観点は次の二つです。
(1)計上した予算額で制度が予定された期間いっぱいもたせること
(2)打切り後の購入の割損感を和らげ、打切り後の消費安定化を図ること


エコカー補助金は、終了予定とされた9月末よりも3週間早く終わりはしました。
ですが、経済浮揚にと目論んだ予算額がその向きに100%使われたわけです。
したがって、これ自体は悪いことではありません。

より重要な課題は(2)の方でしょうね。
エコカー補助金のような大きな額の恩典が、急に0(ゼロ)になることは、
その額面以上の割得感、割損感を人に与えてしまったことでしょう。

この心理が大きく働き、駆込み需要が予想以上に大きかったのでしょう。
結果として、大幅に前倒しして打ち切られたという構図なのでしょう。
駈け込みの反動として、一定期間、自動車購買行動は冷えこんでしまいます。

程度はともあれ、駆込み需要が起こることは当初から分かり切っていたことです。
なのに、段階的縮小の制度設計をどうして初めからしておかないのでしょうか?
本当に不思議でなりません。

すんでしまったことは仕方ないとしましょう。
今回、残り半年の段階で、家電エコポイント制度を段階的に縮小していくよう設計変更したことを、大いに評価したいと思います。

ボクら消費者は、心理や風潮に流されず、賢い消費行動をしたいものですね。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/297-8aac7f8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。