苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

TBS*住生活、横浜ベイのM&A交渉破談/

おはようございます。また雨です(>_<)。

10月12日に『住生活Gの拡大至上志向M&Aに疑問』なる記事をあげてました。
昨日、TBS・住生活G間での横浜ベイスターズ売却(買収)交渉が不調に終わり、交渉終了の報が流れました。

今朝はこの件について。


各方面の報道によればTBSとの交渉決裂の要因はいくつかあったようです。
普通、M&Aの最大論点は売却(買収)金額です。が、売る側のTBSとしては、たとえ満足ゆく金額であっても、それだけでは売る決断はできないでしょう。

身売り問題としてニュースになって以降、住生活Gの〝本拠地も監督も何もかも白紙で考える〟という考え方が続報として聞かれました。また新潟や静岡への移転構想も聞こえてきました。

それらニュースの真偽は分かりませんが、もしそうだとしたら、TBSはそうした住生活Gの方針を諒として売却はできなかったことでしょう。

横浜ベイスターズは、球団名にオーナー企業名またはそれを連想できる言葉を入れていない唯一の球団。地元密着運営を特徴とするJリーグ球団に似た雰囲気を持ってます。横浜という土地に存在すること自体に強い意義を持つ球団なのです。


企業市民(コーポレイト・シチズン)とは良く言ったもので、その企業の存在が人々の生活に近ければ近いほど、市民はその企業に、法人格ではなくむしろ自然人格を認めるようになります。プロ野球球団などはその最たるものでしょう。

球団は、ブランド認知への高効率性目的だけでなく公的存在としての意義への理解を持つオーナーに所有されることが、球団関係者にもファンにも幸せなのだろうとボクは思います。

あなたはどう思いますか?



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/329-deca14ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。