苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

レアアースと供給源開発とイノベーション/

おはようございます。

中国のレアアース輸出規制強化への危機感が日米欧に拡がってきました。
レアアースの新規供給源開発は世界的な経済課題と言えます。

今朝はこの件でイノベーションと絡めて。


ハイテク製品の製造に欠かせないレアアースの供給源は、中国が全体の97%を占有しているとのこと。

中国は、通関手続きを厳格化して通関での流量を絞ることで、輸出量を絞っているようです。水道の蛇口を絞った情況ですね。

中国のレアアースの出し惜しみによって、世界はレアアースの供給源開発の必要性に否が応でも直面させられたわけですね。

結果的に日米の経済面での対中共同戦線強化の機運が高まったようです。中国の海洋発展戦略とその支柱である膨張する中国海軍力への牽制力にもなればいいのですが。


さて、それはさておき、
レアアースの中国以外の供給源開発がにわかに先進国の共通解題となりました。
新規供給源開発というイノベーションを実現しなくてはいけないということです。

これまでにもイノベーションについては記事をあげてきました。
(参照>>三洋電機・ゴパンからイノベーションを考える
上でも述べてるように、新規供給源開発もイノベーション5類型の一つです。


今、企業は激しい嵐の中にあり、経営革新(イノベーション)を果たさなくては生き残りが困難な局面にあります。

確かに日々の経営からも目は離せません。しかし今日のことに忙殺されていては将来はありません。ドラッカーも言ってるとおり、将来を確かにするには、今日の中で将来のことを考えなくてはいけません。

企業は、とりわけ中小企業ならば経営者は、日々今日の経営を気にしながらも、全身全霊で将来の経営を模索しなくてはいけない情況にあるということです。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/330-6d9cc403

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。