苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

CS&日本シリーズとプロ野球人気/

おはようございます。今朝もいい天気です。

土日はドラの応援でヘトヘトでした(+_+)。
ロッテは怖い者知らずながらも凄かったですね。脱帽です。おめでとう!

唐突ですが、冒頭、問題提起しておきます。
もし、セもパも2位以下チームが日本シリーズに出場してきたら?
もし、シーズン5割程度の3位チームが日本シリーズで勝ってしまったら?
それを〝日本一〟を決める日本シリーズと言っていいのでしょうか?

負け惜しみなどでなく、きちんと考えてみたいと思います。

今朝はプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズについてです。


今年の日本シリーズ7戦中3戦が、地上波TVでの全国放送されず、プロ野球人気のかげりについていろいろ取り沙汰されました。

プロ野球のTV視聴率の低下は久しく、いよいよ全国区放送のコナテンツとしては限界にある、といった評論が多かったように思います。

プロ野球人気のかげりへの一つの対策がクライマックスシリーズ(以下CS)の導入でした。2004年からパ・リーグで先行導入され、2007年からはセ・リーグでも始まりました。

従来8月にもなれば、3位以下チームは諦めムードの消化試合をこなす感でした。CS導入によって、より下位チームまで消化試合の感が薄れたのは確かです。

その意味から、ここまでCS導入は概ね成功と見るのが妥当なのかもしれません。


しかし、セ・リーグがCS導入を決めた2006年秋、賛否両論ありました。2位以下チームが日本シリーズで勝って、?日本一?の称号を得ることについてです。

CS否定派の代表格はドラゴンズの落合監督です。その落合ドラゴンズが2007年、リーグ2位ながら、?日本一?になったことは何とも皮肉でした^_^;

そして今年、パの3位チームのロッテがセの優勝チームに勝って?日本一?に輝きました。ロッテ里崎選手が言い始めた?ようですが、まさに?史上最大の下剋上?完成でした。


さて、
2010年、千葉ロッテマリーンズは本当にプロ野球?日本一?と言えるのか?
同様に、2007年、中日ドラゴンズは本当に日本一と言えたのか?

プロ野球?日本一?を争うのが日本シリーズだとするならば、ここで改めてCSと日本シリーズを考えたくなります。


少なくともやってる本人たちはそうは思っていないはずです。やってる本人たちがそこで勝っても日本一と思えないシリーズが、?日本一決定シリーズ?と言えるでしょうか?

2007年、ドラゴンズは明らかにジャイアンツに力負けしシーズン2位でした。セの王者はジャイアンツでした。そして日本シリーズで倒した相手は、パの完全王者、北海道日本ハムファイターズでした。

2008年、2009年の日本シリーズはまっとうな日本シリーズでした。セもパも、シーズン優勝チームが日本シリーズを争ったからです。

言わば2年間、日本シリーズの意義を問う機会は保存されていました。
そして、今年再びパの3位チームが?日本一?になってしまいました。


2010年、セ・パ共に上位3位チームに力の差はほとんどなく、順位は紙一重で決まりました。そのことを踏まえれば、千葉ロッテを日本一と見なすことはギリギリ許されるかもしれません。

しかし、ロッテ選手たちは自分たちを〝日本一〟だと、心からは思えないことでしょう。里崎選手が闘う前から〝史上最大の下剋上〟と言ったのは、3位ながら日本シリーズに出場する気持ち悪さへの、予めの〝照れ隠し〟〝恐縮〟なのではないでしょうか?

それは深読みかもしれません。が、ロッテ選手たちはが自分たちを〝日本一〟だと思えないことは確かでしょう。


最後にもう一度。
もし、セもパも2位以下チームが日本シリーズに出場してきたら?
もし、シーズン5割程度の3位チームが日本シリーズで勝ってしまったら?
それを〝日本一〟を決める日本シリーズと言っていいのでしょうか?

いずれこのような異常事態が生じるでしょう。それまでCSは温存されるでしょう。

パ優勝チームと拮抗しての3位であったロッテが、セの完全王者の中日に勝ったことで、日本シリーズの意義について真剣に考える機会はまた一年先送りできました。


それでも、矛盾したことを言うつもりはまったくなく、
今年に限り、千葉ロッテは実力日本一と見なしていいとは思います。

プロ野球ファンの皆様、一年間贔屓チームの応援、お疲れ様でした(^_^)/~
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/342-69a1bd18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。