苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

NHKプロフェッショナル 競泳・北島康介/

おはようございます。今朝はピンクの朝焼け雲がキレイです(^^)

昨夜放送、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は競泳選手・北島康介。
番組から各界プロフェッショナルの本質を抽出し、
『会社員・サラリーマン版 プロの姿』を提起していこう!との〝企画〟です。
今のところ番組にきっちり追随できており、これが3本目。

今朝は、競泳選手・北島康介のプロフェッショナリズムについて。


番組では北京五輪後の水泳からの完全離脱とその後の再スタート、そして一人での摸索的な取組に焦点を当てていました。

ごく乱暴に北島選手の水泳人生を区切ると、
(1)~アテネ五輪期
(2)~北京五輪期
(3)~北京五輪後の米国での一人暮らしと10か月の水泳離脱期
(4)~再び一線に戻る決意をし今現在までの競技回帰期
といったところです。

補足すれば、
(1)はただただ水泳が楽しく前だけに向かっていけた時期
(2)は日本中から「北京でも金を」との期待や当然視と苦闘した時期
(3)は引退も選択肢にあったであろう虚脱の時期
(4)は水泳の楽しさ再発見と考え摸索していく楽しさ発見の時期
です。

(1)(2)の過程は、とにかく勝つことを至上命題にした、平井コーチとの勝つための泳ぎの追求でした。コーチの考える理想のフォームを北島が生身の身体で具現するために、水泳マシーンと化すことが求められたトレーニング過程でした。

ただし(1)と(2)では、北島を突き動かす動機が大いに異なってました。
(1)での動機は、速くなることの楽しさや勝つことの喜びです。
(2)での動機は、周囲の期待通りの結果を出してみせるという意地です。

(1)では真っ直ぐな気持ちが自分を支え、
(2)では歪んだ気持ちで自分を支えました。

(1)(2)を通じ、プロフェッショナリズムは見当たりません。北島を支えたものは、結果のみを求め、結果のみで報われようとする競技者根性、勝負師根性です。


10か月間の離脱を経て、もう一度泳ごうと決意します。が、従来のコーチとの二人三脚という形ではなく、自分一人での摸索的なトレーニングで道を拓くことを選びます。

ここで必要となるものは、自ら課題を設定する自律的な思考作業です。

北島康介における平井コーチとの二人三脚時代、どうしたら速くなるのかと考える作業は平井コーチの役割でした。北島は実践あるのみでした。

北島選手は今、
自分で自分を客観視し、今の自分には何が必要かを考えながらトレーニングしています。理想のフォームありきではなく、自分の感覚を信じてトレーニングの中で自分に合った泳ぎを作り出していくことに大きな価値を見出しているようです。

北島康介は2度の五輪の栄冠と北京後の虚脱を経てようやく、水泳の技を究め、道を極めていこうという境地に立てているようにみれます。プロフェッショナルという意味ではまだその道を歩み始めたばかりです。

だからなのでしょうか、正直言って、競泳選手・北島康介からサラリーマン・会社員版のプロの姿への昇華作業はかなり難しかったです(^^ゞ

それでも今の北島選手からでも見えてくることは、
プロフェッショナルに共通するものは、プロセス(言い換えれば準備作業)への強いこだわりです。この姿勢は裏を返して言えば、よく言われる「結果は着いてくる」の姿勢です。

今の北島選手は、
「ロンドンでも金」、という結果志向の呪縛から解放され生き生きしているようです。そこに向けてはいくものの、自分の感覚に信頼を置いた自分の泳ぎの追求プロセスを楽しんでいるようです。

競泳選手・北島康介はプロフェッショナルへの道を歩み始めたばかりです。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| プロフェッショナル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/343-a4bdc3fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。