苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

海上保安庁の持つ役割の多様性/

おはようございます。

近年、今般の騒ぎを除いても、海上保安庁という組織が注目を集める機会が増えてきています。

今朝は、海上保安庁の持つ役割の多様性をみてみます。



ボクは、実は、海上保安庁というものにたいへん馴染みがあります。彼らの手を煩わせたことがある、という訳ではありません(^^)v

ボクの生まれ育った愛知県の半田市港本町は、その名のとおり港湾にほど近いところ。自転車で10分くらいの所に、海上保安庁の第4管区海上保安本部‐名古屋海上保安部‐衣浦保安署という役所があります。とどめに、ボクは半田高校のヨット部員でした。

2年半、日々練習していた海は、その衣浦保安署の目の前でした。海上保安官も彼らが乗り込む船艇も日常的に目にしてました。そして今もヨットに乗って遊んでいますので、海に出れば当たり前に彼らを海上で目にしています。


さて、その海上保安庁。ご存じのとおり国土交通省の外局です。
海保はとても幅広い機能を担っています。その機能は、陸の上でのシーンに準えてやると、よく見えてきます。以下ざっと見てみましょう。

(1)海上交通の安全確保
これは道路交通の治安維持を担う警察機能と同じ。陸では警察庁管轄です。

(2)海難事故における救助
これは交通事故や火災などで出動する消防機能と同じ。その一部に過ぎませんが、潜水救助隊が『海猿』で脚光を浴びましたね。陸では各地方自治体管轄です

(3)海上の治安維持
密漁者の取締まりです。一義的には水産庁が主管かと思いますが、現実にはこれも任務の一部のようです。陸で言えば窃盗の取締りですからこれも警察機能です。

(4)密航船、密輸の取締り
海は自動的に国境でもあるわけで、ここがかなり重要な役割になります。陸では空港で保安を担当する航空保安機能と同列です。国土交通省管轄になります。

(5)海洋情報の収集
海上交通に欠かせない海図の作成更新のため、潮流や海底状況の調査も行います。よく分かりませんが、国土地理院というのがありますので、それが陸で担う役割に似ているかもしれません。


このように陸上では異なる行政機関にわたる複数の機能を海保は一手に引き受けています。


自衛隊に対してもそうですが、国を守ってくれている人たちへの尊敬の念をボクらはもっと持たなければいけないのではないでしょうか?

彼らがその厳しい使命を全うするための最大の動機付けやインセンティブは、ボクら国民からの尊敬や感謝の念だろうと思います。

それが薄らいだりしては彼らの使命感が薄れてしまいます。ひいてはボクら国民の安全が脅かされることになるわけです。


だからと言って、今回のYouTubeへの動画投稿という行為を、そういう尊敬や感謝の念の対象とすべきとは思いません。それが国家公務員守秘義務違反に問われようが問われまいが、です。

手離しで許容したり、まして賞賛したりすることでもないはずです。


それよりも、国民が厳しく目を光らせるべきことは、
■こうした情報流出が起きてしまう国家の情報管理の杜撰さ、あるいはその重要性への意識の希薄さ
そして
■一公務員に生じた告発衝動を情報流出行為まで昇華させてしまうほどに劣化した、政府の外交政策や安全保障政策、そして何より政治家の軟弱さと軽薄さ
そうしたものではないでしょうか。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/347-edd5fc21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。