苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツ実況アナと解説者に改善提案/

おはようございます。どんよりと曇った朝です('_')

プロスケーターの荒川静香氏が日経新聞で『スポートピア』なるコラムを時々書いてます。フィギュアスケートの季節に入ってきた今日この頃、昨日のそれはタイムリーで内容も◎。やはりプロフェッショナルのことはプロフェッショナルに語ってもらわないと、素人にはよく分かりません。

今朝はそのコラムの中身に少しだけ触れつつ、スポーツの実況アナウンサーと解説者に改善提案します。


昨日の荒川氏のコラム記事…
先のグランプリ第1戦・NHK杯で不調をきわめた浅田真央選手の情況を、経験を踏まえた観察に基づき推察して解説してくれている。

かいつまんで抜粋しておくと、
■跳躍しての失敗というより、跳ぶ前に躊躇しタイミングを狂わせているようにも見える
→練習ではいいジャンプも増えてきているが、まだ確信を持ち切れていないのだろう、と
■新コーチに師事して1ヶ月余りで、試合でのスタンスをお互いつかみ切れていなかったはず
→自身も新コーチとの呼吸が合うのに数試合を要した、と
■練習までいくら調子良くても本番で変わることは珍しくなく、またその逆もある
→コーチからの本番直前での一言が、時に演技を良くも悪くも大きく左右しうる

~11月16日/日本経済新聞/スポーツ面/『スポートピア』より~


実際、その大会をTV視聴していた。浅田選手のひどい出来に“なんでそうなるの!?”と一ファンとしてジリジリしたものだった。このコラムを読んでみて、“なるほど、そういうことか…”、と。不可解さが多少はやわらいだ。

しかし、である。TV中継中にもっともっと解説していってほしい。かつてはプロ競技者だっただろうが、今は、少なくともその時間、プロ解説者としてギャラを得ている以上、プロたる仕事をしてもらいたい。それは実況アナウンサーにも言える。


フィギュアに限らず通常、スポーツ実況ではアナウンサーと共にプロが解説者として加わる。が、大抵の場合、その解説には不満を感じてしまう。“しゃべり”のプロでない解説者には、言いたいことのほんの一部しか表現できないジレンマもあるのだろう。特にフィギュアのようなスピード感のある競技では。

それをサポートしてあげるのがアナウンサーの役割だ。が、大方のアナは実況に手いっぱいでいる。しゃべりのプロであり視聴者と同様に競技素人のアナウンサーは、もっと適切な質問や疑問を適宜ぶつけていかないと(-"-)

例えば…
3回転ジャンプが崩れ、いかにも中途半端な1回転になってしまう様は何とも歯がゆく思ってしまう。選手が一番歯がゆいのだろうが、その失敗に共感してあげられない。どころか“なんで!”と責めてさえしてしまう。

なぜ、「どうしてあーゆう力の抜けたようなジャンプになってしまうんですか?」、と解説者に振らないのだろう…それが不思議だ。

例えば…
あんなに軽やかに踊り滑っている様と、終了直後の息のあがり様がどうにも繋がらない。その激しさを何か身近な運動などで分かりやすく喩えてくれた解説者にも、またそのような疑問を解説者に投げかけたアナウンサーにも、未だ遭遇できない。

「…スパイラルからシークエンス…」、などと、技の名前だけを連ねて実況や解説としていては困る。


何もフィギュアに限ったことではない。スポーツ中継全般にそうだ。アナウンサーは徳光和夫や古舘伊知郎をもっと研究しなくてはいけないと思う。圧倒的な語彙や表現力ではなく、解説者への“フリ”についてだ。

同様に解説をしようとする者は、どんな競技の解説者でもいいので、上手な解説者を見つけそのエッセンスを学ばないといけない。プロ野球の解説者の中から何人か挙げるなら、野村克也、江川卓、掛布雅之、阿波野秀幸、古田敦也、桑田真澄、立浪和義、などではないだろうか。

ついでに…
“~10倍楽しく見る方法”の御仁は、しゃべりは歯切れがよく上手いかもしれない。が、解説は決して上手くはない。というか、やる気を感じない(-"-)


【11月19日追補】
18日にお二方からお叱りのコメントをいただきましたので補足します。

(二方目に対するお返しコメントでも以下の旨は触れてありますが、)
記事の趣旨は、
荒川静香氏の解説の拙さを指摘し彼女にその改善を望む、というものではありません。
スポーツを実況する「アナウンサー」と、補助的に加わる「解説者」の双方一般に向けて、「実況」と「解説」の改善を望んだものです。
まして荒川氏個人に向けた誹謗中傷の類では間違ってもありません。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 日々の思考 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
フィギュアの解説ですが、ファンから言わせると、なにも喋らなくて良い!というのが大半の考え方なのです。
フィギュアスケートはスポーツですが、バレエなどを鑑賞するのと同じような感覚を持たれた方が良いのかもしれません。
なぜ?と疑問に思うところは、その競技を好きになれば自然に分かってきます。
私もそうでした・・・
フィギュアスケートには音楽があります。
その音楽と共に滑っているのに、解説、実況が邪魔することがあってはいけません!
3回転がシングルになるのが、なぜか分からないことについて、説明しろと言われても、
正直、解説者は困ると思います。
それは素人の私が言うのもなんですが、、、踏み切りのタイミングが悪かった・・・
そういう人がほとんどではないでしょうか?!
そんな、いちいち理由はないと思いますが、、、
古館さんの実況を見習ってほしいとか、とんでもないです!!!
あんな騒がしい実況があったら、フィギュアファンが怒り心頭に達すると思いますよ。
松岡修三さんにどれくらいの苦情があったかご存知ですか!?
トリノオリンピックの時に実況を担当した、フジの森アナは言ってました・・・
他のスポーツの実況と違い、フィギュアスケートは如何に黙るか、それが重要だと。

深夜に失礼致しました。

| 通りすがり | 2010/11/18 01:02 | URL |

Re: タイトルなし

コメント、ご意見ありがとうございます。
> フィギュアの解説ですが、ファンから言わせると、なにも喋らなくて良い!というのが大半の考え方なのです。
> フィギュアスケートはスポーツですが、バレエなどを鑑賞するのと同じような感覚を持たれた方が良いのかもしれません。

女性ファンの大半と言うことでしょうか?
男性ファンの大半に観劇してる感覚はないと思います。あくまで競技として観ていると思います。ともあれ観方はそれぞれあっていいのでは?

> その音楽と共に滑っているのに、解説、実況が邪魔することがあってはいけません!

これはこれで理解します。

> 3回転がシングルになるのが、なぜか分からないことについて、説明しろと言われても、
> 正直、解説者は困ると思います。

人は誰でも自分の打ち込んできたことを他者にも理解してもらいたものです。知りたいと望まれて嫌がる人はいないのでは?解説者がそれをうるさがっていてはそれこそ困ったことです。

> 古館さんの実況を見習ってほしいとか、とんでもないです!!!
> あんな騒がしい実況があったら、フィギュアファンが怒り心頭に達すると思いますよ。

もちろんあのスタイルを持ち込んでほしいということではありません。その道の者にしか分からない機微を言葉として引き出そうとするインタビュー技術を見習ってもらいたいということです。ちなみにボクは古舘伊知郎氏を好きではありません。

> 深夜に失礼致しました。

とんでもありません。貴重な声と受け止めてます。ほんとうに。

| 苅谷政生 | 2010/11/18 08:00 | URL |

はじめまして
彼女の解説については、当初いろいろ批判する人もいましたし、なかには批判ともいえないただの中傷としかいえないようなものもありました。それについてこれまで意見を返したことはありません。ですが、今回だけは一言返させていただきたいと思います。
 
>やる気を感じない
>知りたいと望まれて~解説者がそれをうるさがっていてはそれ
 こそ困ったこと

なぜそう思われたのでしょうか。彼女が金メダリストとしての地位に甘んじていい加減な仕事をしていると感じられたのでしょうか。もしそうだとしたら荒川静香さんという人をあまりにも知らなさすぎです。彼女ほど常に前向きに努力する金メダリストはいないと思いますよ。

 荒川さんはいつも、フィギュスケートのおもしろさをもっと知ってもらいたいと言っていました。初めのころの彼女の解説は、それこそ技の一つ一つをくわしく説明しようと一所懸命な感じでした。その姿勢を好ましく思いつつも、一方でもう少し言葉が短いほうが聞きやすいのに、と思っていました。
 
 でも今回、GPシリーズの荒川さんの解説を聞いて、すごくうまくなっていたことに本当に驚きました。フィギュアファンの多くが望むような演技の邪魔にならないように、といってあまりなじみのない人にもわかりやすいように。
 声のトーンを抑えて、言葉を選び、選手のよいところ、ミスをした理由、今後の課題等、とても簡潔に説明していました。
もしかしてその押さえ気味な解説をやる気がないと感じられたのでしょうか。
 
 プロ野球の解説者を例に挙げられていますが、9回表裏ありの試合時間の長い野球と、音楽を表現するスポーツであり、またわずか4分あまりの間に細かく技の入るフィギュアとでは、そもそも解説の仕方もそれに求められるものも違うと思います。
 
 まあ、とにかく解説が上手くない、やる気が感じられない、
とのことに対し、自分のように解説上手いなあ、すごく努力したんだなあと感じた人もいることを知っていただきたいと思います。 長文で失礼しました。

| フィキ゜ュアファンのひとり | 2010/11/18 23:32 | URL |

Re: タイトルなし

はじめまして、「フィギュアファンのひとり」さん。
コメントありがとうございます。

18日にコメント頂いた「通りすがり」さんにも向けて言いますが、
17日のボクの記事が、荒川静香氏とフィギュアの熱心なファンを不愉快にさせてしまったことについて、率直に申し訳なく思います。

ただ、当方の表現力の乏しさ・拙さもあるでしょうが、
読者に持たせてしまった不愉快は、こちらの真意が伝わっていないことによる誤解である、というのも率直に思うとことろです。

まず、記事の趣旨は、
荒川静香氏の解説の拙さを指摘し彼女にその改善を望む、というものではありません。
スポーツを実況する「アナウンサー」と、補助的に加わる「解説者」の双方一般に向けて、「実況」と「解説」の改善を望んだものです。

次に、
ボクの記事の、‐やる気を感じない‐、という指摘を向けた相手は、『プロ野球を10倍楽しく見る方法』の著者であるプロ野球解説者です。

ブログで、活字で、誤解なく趣旨を伝えることの難しさを痛感した良い機会になりました。失礼します。

| 苅谷政生 | 2010/11/19 19:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/350-7045103e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。