苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

次代に残したい名作ドラマ~熱中時代~

1970年代終わりの水谷豊主演『熱中時代』(教師編)をご紹介。

『俺たちの旅』を紹介してそれっきりだった【子供の頃のTVドラマ】カテゴリー。
二本目として『熱中時代』(教師編)を取り上げます。

熱中時代


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
実は、これを取り上げる気になったのは、2011年に現代版として復活することを知ったからだった。
当時、水谷豊が演じた主人公の熱血教師、北野広大にあたる新・主人公役には佐藤隆太。また“2010年の女優”となった松下奈緒がヒロイン教師として華を添えるようだ。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/03/007/index.html


まず、『熱中時代』そのものでなく、当時のTVドラマの系譜からふれていく。

70~80年代は“教師もの・学園もの”の名作・大作に事欠かなかった。

80年代の代表は何と言っても『金八先生』だろう。2000年代まで続いていった“化け物”ドラマの元であった。
また『スクールウォーズ』も見逃すことのできない学園ドラマの金字塔的作品。現代の『ルーキーズ』に通じるものがあった。

一方、70年代は“学園(高校)ドラマ”のまさに全盛時代。牽引役は日本テレビと中村雅俊だった。
村野武範が高校教師役だった『飛び出せ青春』。その後継作で、中村雅俊が高校教師役だっにた『われら青春』。系譜は別だが中村雅俊は『青春ド真中』『ゆうひが丘の総理大臣』でも高校教師を演じた。

そして78年秋に始まった『熱中時代』。舞台は高校ではなく小学校。“高校もの”が圧倒的であった70年代にあって、小学校を舞台にしたことは挑戦的だった。
また水谷豊を主演に抜擢した点からみても、『熱中時代』は“中村雅俊の高校学園ドラマ”からの転換・脱却を模索した作品だったと言える。
ちなみに、水谷豊は青春群像ドラマの傑作『傷だらけの天使』(74年日本テレビ)で主演の萩原健一と共演し、すでに名前は売れてはいた。が、まだ主役を張れる格にはなかった。

“中村雅俊の高校学園ドラマ”からの転換・脱却を摸索した『熱中時代』は、奇しくも水谷豊の出世作と言えるほどの人気作になっていった。

~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

さて、『熱中時代』そのものについて少しだけ。
水谷演じた北野広大先生は北海道出身の純朴な青年。彼が教師として初赴任した先は東京の小学校。70年代終わり、すでに都会の小学校では現代的な諸問題が噴出。

北海道育ちの新米青年教師・北野広大がクラスで起こる様々な問題に、人間味たっぷりに体当たりでぶつかっていく。周囲との摩擦を生みながらも、結果が吉と出ていくため、だんだんと理解を得ていく。

そして生徒たちと深い信頼と絆で結ばれ尊敬を集めていく。が最終回、新天地への赴任で人生には辛い別れがあるということをも学ばせる。

生徒と同世代だった視聴者たち(ボク)も同じ目線で北野先生と結ばれていった。最終回には号泣していたものだった。


ボクより下、昭和46年生まれ辺りを境にした若い世代の人なら、水谷豊と言えば『相棒』の杉下右京を連想するのだろう。
ボクらより上の世代の多くは、杉下右京の向こうに『傷だらけの天使』のチンピラ・アキラや、『熱中時代』の熱血先生・北野広大を思い浮かべてしまう。

それでも北野広大は杉下右京に親和的なキャラクターと言える。しかし、『傷だらけの天使』のチンピラ・アキラや、松田優作との共演などで演じた役の多くは、むしろまったく別の俳優かと思わせるほど刹那的で暴力的で傷つきやすいアウトローが多かった。

水谷豊の演じた役柄の対極的な二面性が杉下右京で花開いたのかもしれない。

連想してしまうのは、もし松田優作が生きていたら…年を重ねどんな役を演じていっただろうか?ということである。
“明るく、害のない、善人”役の松田優作なんかもみてみたかった(^_^)



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 子供の頃のTVドラマ | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/384-18910502

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。