苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

厳しさ増す外部経営環境‐米韓FTA/

おはようございます。今朝もスッキリ快晴です。

日本の輸出産業、もの作りにとって、外部経営環境の厳しさが増しています。

今朝は外部経営環境ということについて。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
高度成長時代、日本社会の独特の商慣行や規制は、海外企業の参入障壁になり、海外から批判にさらされたものだった。

国内産業の競争力がついてくる中で、海外からの直接投資を呼び込もうと、そうした商慣行や規制はずいぶん取り払われていき、海外企業の参入を促進した。

21世紀、日本は人口減社会になり、世界は一つの市場になりつつある。総体として国の成長は、いかに輸出産業を育成し、いかに海外の個人・法人を日本に呼び込むかにかかっている。

ひるがえって日本のマクロ環境は、円高や高い法人税率があって、海外の輸出産業にとっては何の魅力もない。海外資本を呼び込めないばかりか、国内の輸出産業さえも逃げ出したくなるほどの厳しい経営環境になってきている。

この上、個々の二国間で進行していっている関税の撤廃・緩和の動きでも日本は乗り遅れ気味にある。そして今般の米韓FTAである。


こうした動きの中で、大手は世界競争の中で生き残りをかけ、それこそ“何でもあり”の手を打っていくことになる。

特定の大手企業を顧客とするいわゆる下請け中小企業は、こうした経営環境と大手の形振り構わずの方向性をきちんと直視することだ。

外部経営環境は凄まじい速度で厳しさを増している。そんな変化を敏感に感じ取って、方向性の修正・転換をいかなければいけない。

“小回りが利く”と言われる中小企業の強みを、経営の方向性への決断という点でこそ発揮すべきだ。今はそういう時機にあるはずだ。



閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 経営一般 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/385-a044d7bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。