苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

NHKプロフェッショナルの視方・学び方/

おはようございます。

一昨日の記事‐「プロフェッショナル 社会企業家・渡邊智恵子」‐にて、
『プロフェッショナル 仕事の流儀』のようなTV番組の視方・学び方について述べていました。

今朝はその部分を再掲し補強します。“学び”についてです。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まず、該当部分を複製・再掲すると…

(前略)
もし本当に啓発・研究・学習したいと思って視るのなら、ただ視ていては得られる果実は少ない。一週間も経てばほぼ何も残っていないだろう。

簡単なことだ。メモを取りながら、受け身でなく、能動的に視ることである。
それも、構造化、論理化しながらメモしていくことである。

構造化とは、章や節など、話しを意味合いごとの塊として区切っていくこと。
論理化とは、だから・しかし・あるいはなど、接続詞で関係づけていくこと。

もちろん、視ながらなのでメモスピードが必要である。
言葉は省略化を多用し、接続詞は記号化し、矢印や囲みや括弧なども多用し、視聴内容をメモと同時に意味づけしていくことである。こうすると、書いたそばから頭の中に理解されて内容が収まっていくのである。

それでも忘却には勝てない。まして、ただ視ていては何も残らない。少なくともボクの記憶力はそんな程度だ。
(中略)
メモを用意して、“学習してやるぞ!”、と視てみてはどうか?

   ~小ブログ記事「プロフェッショナル 社会企業家・渡邊智恵子」(2010.12.7)より



プロフェッショナルのようなTV番組の視方・学び方、と言ってるように、『プロフェッショナル~』に限ったことではない。『情熱大陸』でも『カンブリア宮殿』でも『ガイアの夜明け』でも『トップランナー』でも他の同系統のものでも同じこと。

もちろん、明日への元気・活力をもらう、ことだけを目的にというなら、“楽ちん”に視ればいいのだろう。

ただ、自分の仕事やビジネスに活かすために、何かエッセンスを得ようという気持ちで視るのであれば、リラックスして視ていては、目的は果たすのは難しいのではないか。

メモを入念にとり、視終わったらそれを反芻し、そのエッセンスを諳んじる。そして自分の仕事やビジネスに応用するための連想を拡げてみる。そうした作業をしてみて、やっとどうか、ということだろう。

あるいは、誰か他者に学んだエッセンスを自分の言葉で話してみる。相手が“なるほど”と言ってくれれば、その学びは自分の中に入ったと思っていい。

例えば筋トレだって、ストレッチだって、“楽ちん”な程度にやっていても成果は上がらない。継続できないほど辛くては意味ないが、一定の苦痛を感じる負荷を課していってやっと成果は上がる。“脳”力だって胆力だって人間力だって、かかった負荷を克服してはじめて強化されるはずだ。

“脳”力で言えば、学生時代の試験勉強や受験勉強を思い出せばいい。一夜漬けであれ、必死にやった対策が翌日の試験にさえつながらなかったりした。上々の結果であっても時間が経てば忘却の彼方だった。

学びから“自分のものにする”ということは、他者にそのことを理解させられるまでになってはじめて完成すると思うのである。


例えば『プロフェッショナル 仕事の流儀』。実質45分くらいの番組で、小中高の授業時間と同程度。とは言え学びの時間として集中力が続く最大尺ではないだろうか。
ボクの場合、メモしながら必死になって視終えた後、全身の力が抜けるような感覚を覚える。何とかついて行けたという感覚で、毎回“ふぅ~”と息をついている。

ちなみに当番組では、途中の25分経過頃にいったん15秒くらいの間(ま)が設けてある。“楽ちん”に視ていてはあの間(ま)の意味に気づけないはずである。その存在に気付けないかもしれない。
事の真相はどうあれ、あの間(ま)は、必死の生徒(=視聴者)が授業に落ちこぼれないよう計らった、先生側(=番組制作者)の配慮に他ならないと思えるのである。


自分お気に入りの“学べるTV番組”を、これまでの視方でなく新たな視方で臨んでみたらどうか。視方というより、真剣に授業を受けるつもりで、鉢巻き・腕まくりといった気合で臨んでみたらどうか。必ず新境地を発見できると思う。

ともあれ、学びとは、そう易々としたものではないはずだ。


閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| プロフェッショナル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/388-017c5908

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。