苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

喝采すべき?名古屋市議会解散騒ぎ/

おはようございます。

名古屋市議会の解散請求に必要な署名数が、議会解散を問う住民投票に必要な法定数を上回りました。

今朝はこの件につき。


今回の一連の騒動。ボクは名古屋市民ではないが、愛知県民である分、他府県の方よりは多少は多くの関心を持って見てきたと思う。新聞報道はもちろん、地元のTVニュースなど見聞きする機会も自ずと多かったはず。

「しかーし!?」、である。「さっぱり分からい!」、が率直な感想。

その要素は
(1)地方行政と中央行政における、首町と議会の関係性の違い
(2)河村市長の存在としての分かり易さが及ぼす、その言動への闇雲な好評価
(3)再審査で一転した結論を出した選挙管理委員会の審査基準の曖昧性

これらのものが混然としているからなのだと思う。

(2)について補足すれば、
河村たかしという名古屋市長のキャラクターは一般市民受けし易いのは事実だろう。キャラクターへの全般的な好評価が、その言動や政策についても、無批判・無思考に好評価してしまう傾向が、市民にあると感じる。

議会や県庁出身の“普通の、著名ではない”市長が同様の運動をしても、同様の高まりが市民にあったか?と反問すれば、“ノリ”が大きかったことが容易に想像できると思う。

偉そうに言っているが、ボクが名古屋市民であっても、そういう傾向から逃れられないと思う。
平たく、名古屋弁丸出しに言えば(^^)v
「河村さんが言っとることだで、きっとええ事だに。だで支持したろまい!」
そんな気分で議会解散請求へ署名した人はかなり多いのだと思う。

本当に議会は解散されるような、何か明確な悪さ加減があったのかどうか、この重要な点が十分に考慮されず、“流れ”や“ノリ”で大量署名が実現したと思う。


何も議会側の擁護をしようということではもちろんない。議員に知人も友人もいないし、市議会への義理も何もない。


仮に“ノリ”であっても、それでも何か良い方向に向けた現状打破への市民感情の爆発なのかもしれない。そう思って今後も関心を持って見てはいきたい。


閲覧ありがとうございました。
このブログが何かの(+)になれればウレシイです。
応援投票の1ポチしてもらえると、なお嬉しいです(^^)v
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/394-29cf6c2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。