苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

人成る

22日(木)の日付では2つ目のUPになります。実は一件目の
「社長との一時間」を保存したのが、22日(木)の午前0時
でした。
感覚的には21日にUPしたものであり、この「人成る」は
感覚的には22日としての一件目のUPです。

さて・・・「人なる」。
実はこの話題も昨日のコンサル先、まさに「社長との一時間」
で出た話題でした。

社長曰く『キーマン乙がまだ“人成って”ない』とご不満を。
聴き慣れぬ音に聴き直すと、
『ここらの方言でしょうかね~?“人に成る”で“人成る”。
つまり、成長する、わきまえのある大人になる、ってな意味
でよく使うんです』と。

そこでピン!と来ました。
僕の生まれ育った半田でも、祖母や親の世代の昔の人たちが
同じ意味合いで「しとなる」という言葉を当たり前に使って
いました。
成長ざかりの子供を久方ぶりに目にして、
『よ~おぅ、しとなったねぇ』などと。

恐らく半田で生まれ育った僕以上の世代なら「しとなる」の
意味は知っているのでしょうね。ただそれが「人成る」の
変化形だと認識、あるいは確信的に推察している人はどれほど
いるのでしょうか?
「ひ」の発音が苦手で「し」となってしまう江戸弁の系譜なの
だろうか?と思索が広がって一人愉悦に浸ったりもします。


こうした発見というか、気づきをした時というのは、何とも
痛快で清清しく、少しだけ自尊心をくすぐられる感じがします。
またこうした何気ない気づきや発見をした時にはこのブログの
カテゴリー『気づき』に放りこんでいこうと思います。


関連記事

| 気づき | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/5-f80caf35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。