苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

独走する日本/日下公人

独走する日本―精神から見た現在と未来独走する日本―精神から見た現在と未来
(2007/10)
日下 公人

商品詳細を見る


【ひと言紹介】
昨今、国際社会での国家間競争を語る時、大抵は日本人として凹んでしまうようなものばかり。日本に、自分たちに、自信を感じたい時には最適の一冊。カラでも元気を出したい時は日下氏の著作はいい。

【抜粋】
・デカルト以来“考えがないのは犬畜生と同じ”という欧米では、“私は無宗教だ”ということも同様の扱いを受ける。欧米人には迂闊にそう言わない方がいい。むしろ、いろいろ混ざった“日本教”だと言ってやればいい。
・41年9月の御前会議、戦争突入に傾斜していく政府に対し昭和天皇は、明治天皇の(戦乱を嘆く)御製を詠んで戦争回避を示唆した。これを理解した東条はそれまでの主戦論を翻し興奮して「大御心は平和であるぞ」と参謀本部内をふれ回わり戦争回避へ動く。しかし国論を覆すまでには至らず開戦へ。
・ヤマトとは山人との説も。日本人は森(山)の民だと。山の民には天(空)への意識は薄く、山と川という対比になる。合言葉は“ヤマ-カワ”や“水に流す”価値観などに反映。一方砂漠の民や中国人は天と地の対比の中に人間を置く。
・マンガ、アニメなど日本のサブカルチャーがクールジャパンと世界の若者に認められ、カワイイが世界語にも。こうした動きを見てマンガ好きの当時外相の麻生元首相は「海外広報戦略にマンガを使え、アニメを使え。分かる人間を集めろ」と外務大臣時代はいい仕事をしていた。
・世界一の債権国だ、と安穏としていてはダメ!多くの債務国はどうやって踏み倒そうかと考えている。

【所感・解釈】
評論家のきまり相場は悲観的、批判的。しかし著者はいつも楽天的に、明るく世の中とものごとを観て、僕らに元気を与えてくれる。意識的にそうしているのだろうとは思うが、超楽観的とも言われかねない大胆なもの言いは、悲観的なことを言っておけばそれらしく映るだろうという評論家根性へのアンチテーゼなのかとも感じる。
関連記事

| お奨め書籍のご紹介 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/52-7b7de81c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。