苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

表の仕事場、裏の仕事場/

さて、今日は、『表の仕事場、裏の仕事場』、ということで。


『表の仕事、裏の仕事』、ではないので、くれぐれも誤解なく。


普通、企業コンサルティングというサービスは、その提供場所が顧客先の職場になる。

こまっしゃくれた言い方だが、サービスという財は、生産と消費の場所が同じになる。

ついでに言えば、生産と消費の時間も同じとなる。

これが、サービスの特徴である。

裏を返すと、サービスは在庫することができないわけだ。



ということで、経営コンサルティングであれ、現場改善コンサルティングであれ、

ボクが生産するコンサルティングサービスは、

顧客先の職場で同時に消費されていくわけである。



このように、企業コンサルティングの場合、

顧客先の職場は、言わば、『表の仕事場』、ということになる。



さて、顧客先でのコンサルティングの質を高め、その成果を高めようとすれば、

当然その準備作業が重要になる。

その準備作業はいわゆる、事務所とかオフィスといわれる空間で行われる。

この準備のための作業場である事務所が、『裏の仕事場』、ということになる。



職人さんの場合はそれを、『工房』、と言ったりすることがある。

ボクは、それを、『房』、とした。

すなわち、『経営KAIZEN房』、なのである。



最後に、“実は・・・”話をひとつ。

個人事業主が事業を始める場合、役場に、『開業届』、を提出するきまりになっている。

実は、はじめに提出した開業届では、『経営KAIZEN工房』、としていた。

後に、「あっ!!!!!!」、と閃き、

『経営KAIZEN房』、として変更を届けた。



ボクは、顧客企業が良くなるために、大して良くもない頭ではあるが、考え続けていく。

そういう決意の表れとして、考房、を標榜しているし、これからもそうありたい。




「専門家iタウン」士業
「専門家iタウン」専門家
関連記事

| 未分類 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/544-6b66bd70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。