苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

僕の辿った経営コンサルタントへの道/

僕は独立の経営コンサルタントとして自営している。今年で7年目になる。はじめの2年ほどは営業的にもとても苦労した。

では、経営コンサルタント業を始めるための苦労、経営コンサルタントになるための苦労、といったものはあったのか?と自答してみる。答えは、有ったとも言えるし、無かったとも言える。

「有った」という立場で振り返れば、経営コンサルタントこそが本当になりたかった職業だったのだ、と自身が気づくまでに、転職や挫折などの紆余曲折というものがあった。また、中小企業診断士という国家資格を取得するために、大学受験以上にハードだった2年間の受験勉強もあった。

「無かった」という立場で振り返れば、経営コンサルタント業なる職業は、誰だって開業できるという意味で、苦労は無かったとも言える。経営コンサルタントなる者は、医師や法曹家や税理士や各種書士と違って、国家が保証する資格や免許なしで、いわば誰だって言い張る事ができる。法的なお咎めはない。だから、経営コンサルタントに限らず、「~コンサルタント」なる職業には、怪しい輩がわんさかいる。圧倒的に石が多く圧倒的に玉の少ない、そういう玉石混交の業界だ。「お前はどうなんだ?」との問いには、「僕のお客さんに訊いてください」とお答えしたい。

さて、苦労話に戻ろう。


大学時代はバブル時代だった。何も深くは考えておらず、バイトと恋愛とヨットと友達付き合いに明け暮れた四年間だった。はじめて自分の将来を真剣に考えさせられたのが、それでも就職活動だった。内定がなかなかもらえない当世の学生たちの悩みとは真逆に、たくさんもらった内定から、入社する唯一社だけを残すための、頂けた内定を断っていく作業の中で、けっこう悩んだものだった。

そうして入ってみた、世間的に超優良、一流、…といった形容をされる会社では、5年間くらいは楽しく活き活きと充実した職業人生を歩めた。ところが、その後、将来像が描けなくなった。心の「漂流」の始まりだった。「ここに留まるべきではない」という思いは決まっていても、次に目指すべき明確な方向がないままそこを離れる(退職する)こともできずにいた。つまり心は「漂流」していたのである。

ようやく次の方向が見えたと思い、10年半勤めた会社を辞め、まったくの異業界、異業種、異職種、に転職した。そう、転社ではなく、まさに「転職」だった。

満を持し、意気揚々と、移った業界、就いた職業は、僕が考え思い描いていたものと、似て非なるものだった。かと言って、その真実と見かけの違いのせいにするつもりはない。自分の思慮や研究や覚悟や努力や、あらゆるものが足りなかった事も真実である。すべては自分の責任だ。

そして今の職業、すなわち経営コンサルティングというものに、成り行き的に出会った。それは兄という相棒との兄弟船での、経営コンサルティングという海での航海の始まりだった。

ところが、である。一年後、船長であり、上司・師匠であり、相棒であった兄を亡くしてしまったのだ。

今度は心だけでなく、まさに「漂流」することになった。何もなくなった。経営コンサルタントとして成長していくために必要だった上司であり、師匠であった兄を亡くした事で、当然に顧客も失った。何もなくなった。

ただ、光はあった。「経営コンサルティングがしたい、コンサルティングって面白い、経営コンサルタントになって中小企業の役に立ちたい」。そういう強い確信的な思いだった。そして何もない中、その強い思い一つを抱き、『経営KAIZEN考房』号を一人船出させたのだ。無鉄砲この上ない。操船理論(経営理論)も操船技術(コンサルティングスキル)も何も身に付けずに船出したのだから。

その後、2年ほどはいつ難破してもおかしくない有様であったが、お蔭様で、今はこの先の航海にも自信が持てるようになった。本当にいろいろなもののお蔭様なのだと思う。もちろん努力も辛抱も誠実も思考も、すべて全力でしてきたという自負はある。だからと言って、すべて自分でつかみ得た今なのだ、などとは微塵も思わない。それらは必要条件ではあったろうが、十分条件ではない。周りのさまざまな力のおかげで、十分足らしめてくれたのだ。お蔭様なのだと思う。


「専門家iタウン」士業
「専門家iタウン」専門家
関連記事

| コンサル | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/579-237383a1

TRACKBACK

まとめteみた.【僕の辿った経営コンサルタントへの道/】

僕は独立の経営コンサルタントとして自営している。今年で7年目になる。はじめの2年ほどは営業的にもとても苦労した。では、経営コンサルタント業を始めるための苦労、経営コンサルタントになるための苦労、といったものはあったのか?と自答してみる。答えは、有ったとも...

| まとめwoネタ速suru | 2012/04/01 04:20 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。