苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

月はじめのごあいさつ 2014年8月1日

拝啓 残暑厳しき折から、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。

さて、先日、
トヨタ(含、ダイハツ、日野)の2014年上半期の販売台数のニュースが聞こえてきました。

ニュースの趣旨は二点あり、
一点は、台数が509万7000台で、上半期初の500万台越え、とのこと、
一点は、VW、GMを抑え、三年連続で世界首位になる見通し、とのこと。

景気のよろしい話題であり、よろしきこと、として聞いていたものでした。

ところが、…待てよ、と。
ニュースは世界全体での販売台数です。しかもダイハツ、日野を含む数字。
今や、トヨタ単体での国内販売台数は、その世界販売台数の2割未満。

そこで少し調べてみました。
トヨタ単体‐2014年上半期‐国内販売台数→809,119台
トヨタ単体‐2013年上半期‐国内販売台数→776,989台
(データは日本自動車販売協会連合会より)

すなわち、国内販売は対前年比で104.1%!
やはり、トヨタ単体の前年比で見ても、景気のよろしいことのようでした。

そこで、さらにもう一歩、調べてみました。
トヨタ単体‐2014年上半期‐国内生産台数→1,687,201台
トヨタ単体‐2013年上半期‐国内生産台数→1,712,106台
(データは日本自動車工業会より)

すなわち、国内生産は対前年比で98.5%!
こちらは、ほんの少しですが、景気のよろしくないことのようでした。

つまり、
1) 国内販売向けの生産は4%ほど伸びた
ことは事実なわけですが、
2) 輸出向けの生産がそれ以上に減った
ということが類推され、
3) 海外生産がその分伸びた
ということが類推されます。

輸出台数、海外生産台数の統計を調べればそれが裏付けられることでしょう。
ここでは機会を譲りますが…

今月は長期連休を挟み、経営者にとっては稼働日が少ない特異月であります。
それはともあれ、人を含めた経営資源管理という意味では厳しい時節になります。

無事に9月の声を聞きたいものでございます。 敬具
関連記事

| お知らせなど | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/08/05 23:47 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/625-6d04914c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。