苅谷政生のK・CUBE(改善・改革・革新)で行こう!

(株)K・CUBEコンサルティング-代表者のon-offを綴ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

「好き」ということの重要性

最近は高校3年の双子の姪の片方と仲がいい。小さい時からいいが、いっそう良くなったという意味で。
“片方”ではこの後、話がゴチャゴチャしそうなので識別しておこう。
姉はA、妹はT。
ここで言っている方は妹のTの方だ。(ちなみにAとも仲良い。)


さて、そのTからスイーツ情報を得た。ちなみに僕は“スイーツオヤジ”ではない。甘いものに目がないTとの会話で、たまたま知ったことだ。


それはハートブレッド・アンティークの『天使のチョコリング』。
↓同社HPより→http://www.heart-bread.com

チョコリング


もはや全国区と言えるほど有名なようで、ご存知の方も多いと思う。全国区と表現したのはネットで調べてみたらそういう様子なのである。
名古屋ローカルだけでなく東京キー局含め、あちこちから取り上げられている。またフランチャイズ?による急速な店舗展開の様子もうかがわれる。


まだ知ったばかりということもあり、その『天使のチョコリング』なるパンをいまだ食してはいない。ではなぜ殊更に取り上げたくなったかと言うと、その創業者=オーナーシェフが高校の同窓だったのだ。そして売上の一部をユニセフに寄付しているという心意気にも感銘したからだ。

まだずいぶん若い。僕より一回り以上も年下で、見も知らぬオッサンに先輩面されても相手ははなはだ迷惑だろう。先輩面はしないが、素晴らしい後輩の存在に嬉しくなりついつい取り上げたくなった。



『好きこそものの上手なれ』と言うとおり、何事でも“好き”であることは最大の強みになりえる。
きっとかの後輩も、パンとパン作りとパンを食べている人の笑顔と、パンの周辺なんでもが大好きなのだろう。


僕もコンサルティングや分かってもらうことが好きだ。問題発見と問題解決が好きだ。それを相手と一緒になって向き合って取組んでいくプロセスが好きだ。もちろんいい結果が出た時の顧客の喜びは、イコール僕の最大の喜びだ。


好きな対象とのかかわり方には二種類あると思う。
一つは、その対象を“はじめから”好きでそこに向いていくあり方。
今ひとつは、はじめは好きではないかもしれないが、やっていくうちにいつの間にか好きになっているあり方。

前者は幸せだ。何も問題ない。
後者の場合、好きになれるかどうかのカギは面白さと出会えるかどうかだろう。面白みが感じられなければ、いつまでやっていてもきっと好きにはなれない。


では、どうしたら面白さと出会えるのか?


この考察はまた明日、続けてみることに。ではまた明日。
関連記事

| 日々の思考 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kariyamasao.blog130.fc2.com/tb.php/72-cf2f3efc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。